トヨタ本格4WD「コンパクトクルーザー」の斬新カラー初公開!? TOYOTA顔強調な「ミニランクル」のデザインとは

トヨタは2030年までに30種類のBEV(バッテリーEV)を投入すると宣言していますが、そのなかでも注目を集める「コンパクトクルーザーEV」とはどのようなモデルなのでしょうか。

初代ランクルがEVになって復活!?

 トヨタは2021年12月に開いた「バッテリーEV戦略に関する説明会」で、さまざまなジャンルのBEV(バッテリーEV)を初公開しました。

 そのなかでも注目を集めたのが「コンパクトクルーザーEV」です。

 SNSでは「ちょっと待って!後ろのクルーザーかっこいい!」「なかでも気になってるのは青いクルーザー」「青いSUV欲しい!」「ミニランクルみたい」「FJクルーザーっぽい」などと話題になりました。

 オフロード感あふれるコンパクトクルーザーEVとは、どのようなモデルなのでしょうか。

初代ランクルが現代によみがえった!? トヨタ「コンパクトクルーザーEV」(コンセプトカー)
初代ランクルが現代によみがえった!? トヨタ「コンパクトクルーザーEV」(コンセプトカー)

 コンパクトクルーザーEVは、フランス・ニースにあるED2(EDスクエア)のチームが制作。トヨタのオフロードの伝統に基づき、アクティブなアウトドアレジャーを楽しむ都市部の若者に向けて企画されました。

 オフロードをイメージさせるシルエットや、シンプルで力強いボディセクションなど、初代「ランドクルーザー」のスタイリングを踏襲した、頑丈でタフな外観が特徴的です。

 ヘッドライトは大きなコの字型で力強い印象としたほか、エンブレムは通常の「T」マークではなく、「TOYOTA」ロゴを用いることでオフロード感を引き立てました。

 明るいブルーのボディカラーにCピラー後方にはオレンジのラインが施され、アクティブさを演出しています。

 さらに、トヨタの欧州部門はコンパクトクルーザーEVのCGを公開。

 グリーンのボディにオレンジのラインが入った「マウンテン仕様」や、イエローのボディにシルバーのラインを施した「ビーチ仕様」、シルバーのボディにオレンジのライン入りの「ランドスケープ仕様」など、さまざまなシチュエーションに合うコンパクトクルーザーEVが計画されているようです。

※ ※ ※

 トヨタは2030年までに30車種のBEVを投入し、乗用・商用各セグメントにおいてフルラインでバッテリーEVをグローバルで展開することを宣言しています。

 コンパクトクルーザーEVもいずれ市販化されるといい、どのようなモデルとして登場するのか期待が高まります。

トヨタ・ランドクルーザー のカタログ情報を見る

【画像】レトロ感もイイ! ランクルみたいな「コンパクトクルーザーEV」がワイルドでイケてる!(18枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント