なぜ? トヨタの激レアSUV「ヴェンザ」が沼津で売っている? 米版「ハリアー」が今後日本で登録出来ない理由とは

米国トヨタは日本で未発売の「ヴェンザ」を販売していますが、なぜか静岡県沼津市の販売店で取り扱われているようです。

日本未発売の「ヴェンザ」がなぜ日本で売っているのか?

 アメリカでトヨタ「ヴェンザ」というクルマが販売されています。
 
 現行ヴェンザは日本で販売中の「ハリアー」の海外版として北米や中国などで販売されている高級SUVです。

これはスゴい! 日本未発売となる北米版「ハリアー」こと「ヴェンザ」 なぜか日本の沼津で販売されているという(画像提供:自動車販売店LAP)
これはスゴい! 日本未発売となる北米版「ハリアー」こと「ヴェンザ」 なぜか日本の沼津で販売されているという(画像提供:自動車販売店LAP)

 初代ヴェンザは2009年にアメリカで発売されましたが、初代「カムリ」をベースにしていたこともあってクロスオーバーというよりはミニバンに近い形状でした。

 初代ヴェンザは2017年モデルで販売を終了し、その3年後に2代目ヴェンザが2020年に登場。

 トヨタ現行「シエナ」と同じ日に発表されました。ヴェンザもシエナも2.5リッター4気筒エンジンを搭載したハイブリッドパワートレインのみラインナップ。アメリカでは「RAV4」と「ハイランダー」の間に位置するSUVです。

 そして初代ヴェンザはアメリカで生産されていましたが2代目ヴェンザはハリアー同様、日本国内で生産(トヨタ自動車高岡工場)されており、中国向けモデルは広汽トヨタが広州工場でヴェンザ、一汽トヨタがハリアーとして長春工場にて生産しています。

 2代目ヴェンザがハイブリッド車のみになった経緯は、同じ米国トヨタで販売されるRAV4ハイブリッドの好調な販売が影響しています。

 アメリカにおけるトヨタ製ハイブリッド専用モデルはこれまで「プリウス」のみでした。

 しかし2019年にRAV4ハイブリッドが新たにラインナップに加わってから、2019年はRAV4ハイブリッドの売り上げ(92525台)がプリウス(69718台)と、約2万3000台以上多く販売されました。その流れでシエナやヴェンザをハイブリッド専用モデルとした経緯があります。

 2代目ヴェンザは2021年に6万1988台を販売しており、これはなんと同じく2021年に米国で販売されたプリウスファミリー(日本名プリウス+アクア+プリウスPHVなど合計)の販売台数約5万9000台を上回る数字となりました。日本で生産される輸入モデルとしては非常に好調な販売台数といえるでしょう。

 そして、ヴェンザは同じくハイブリッドのみとなった新型シエナ同様、日本への並行輸入はほぼ不可能という状態です。

 アメリカで販売されるクルマを日本に並行輸入で入れる場合、基本的にFMVSS(アメリカの保安基準)を満たしていることを証明するラベルが貼られていれば日本の保安基準に適合すると認められます。

 そしてガソリン車であればさほど難しい手続きは必要ないのですが、ハイブリッド車となるとほかに電池の認証が必要となります。

 日本はハイブリッド車やEVに関わる電池の認証は国連欧州基準(UN-ECE R100 俗にいう『Eマーク』)を採用しているため、電池の部分は別途認証を受ける必要があるのです。

 日本でR100の認証を取得するためには、公的機関では1000万円以上の費用が掛かることも珍しくないため少数台数の並行輸入車では、割に合わないとなるのです。

【画像】激レアSUV「ヴェンザ」が日本で発売中!? 残り1台の実車を見る!(27枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント