「西部警察の再来か!?」新型「Z」セーフティカーの日産公式動画に「大門のスーパーZが蘇った」とファンも歓喜!

日産 新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)がSUPER GTシリーズのオフィシャル・セーフティカーに導入されたことを記念し日産がアップした公式動画が、ファンの間でちょっとした話題を呼んでいます。

40年前の「西部警察」名シーンを想わせるアンベールで現れた新型Zセーフティカー

 日産は2022年6月3日、「SUPER GTシリーズ」のオフィシャル・セーフティカーとして提供された新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)の制作過程などを公式動画で公開されました。
 
 ラッピングの工程に加え、ベールを被った新型Zが颯爽と登場するシーンが「まるで西部警察のワンシーンだ」と、日産ファンの間でさっそく話題を呼んでいます。

日産 新型「Z」のSUPER GT オフィシャル・セーフティカー[日産 公式YouTube動画より]
日産 新型「Z」のSUPER GT オフィシャル・セーフティカー[日産 公式YouTube動画より]

 日産の公式動画は約1分。まず幕を被ったイカズチイエローの新型Zが、颯爽とアンベールされるシーンからスタートします。

 ヘッドライトも点灯され、華やかに登場。このシーンに「西部警察の登場シーンみたいだ!」と、一部のコアな日産ファンたちがSNSなどでさっそく反応しています。

「西部警察」とは、1979年からおよそ5年間に渡りテレビ朝日系で放映された刑事ドラマです。

 この番組には日産が全面協力しており、フェアレディZをベースに改造された特殊捜査車両「スーパーZ」も登場しています。

 スーパーZは、主演の渡哲也氏が演じる大門部長刑事の専用車で、華やかなゴールドのカラーリングとガルウィングドアなどの改造が施された、文字通りの“スーパー”なフェアレディZでした。

 スーパーZが番組に初登場したのは、1982(昭和57)年9月に放映された西部警察 PART2 第15話「ニューフェース!! 西部機動軍団」から。

 それは新たに導入される警察車両を紹介するシーンからはじまります。

 日産の関係者が車両の概要を説明するなか、暗がりから一転、スーパーZは照明とともにアンベールされ華々しく登場しました。

 あたかも発表会がおこなわれたかのような鮮烈な登場でしたが、新型Zのセーフティカー登場動画には、そのシーンを想わせる演出がされていたのです。

 また、西部警察のスーパーZは、緊急出動の際に署内のガレージからパトライトとヘッドライトを点灯させ颯爽と出発しますが、そんなシーンを想わせる真正面からのカットもあります。

 およそ40年前の名シーンをほうふつとさせる公式動画に対し、熱心な日産ファンも「あの“スーパーなZ”だ」とムネアツな反応を示していました。

※ ※ ※

 日産 新型Zを使用したSUPER GTシリーズ オフィシャル・セーフティーカーは、2022年5月28・29日に鈴鹿サーキットにおいて開催されたスーパーGT 第3戦から使用を開始しました。

 セーフティカーは、レースがスタートする前にはコース上に障害物がないかを確認し、レース中にアクシデントが発生した際には、競技車両を先導する役割を果たします。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】「よみがえった大門軍団か!?」西部警察を想わせる日産 新型Zのセーフティーカーの写真を見る(20枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント