ホンダ、18年後の「激烈進化シビック」を公募!? 2040年「未来のシビック」を予告画像と共に募集

ホンダが、2040年にラインナップされる「未来のシビック」のアイデアをユーザーから募集しています。

18年後の未来に販売される「シビック」の姿とは?

 ホンダは、2022年6月3日に公式ツイッターを更新し、「未来のシビック」のアイデアをユーザーから募集すると告知しました。

ユーザーが考える「未来のシビック」の姿は?(画像は11代目「シビック」)
ユーザーが考える「未来のシビック」の姿は?(画像は11代目「シビック」)

 シビックは1972年に初代モデルが誕生。現行モデルは11代目で、シリーズ累計販売台数は2700万台以上にのぼるといいます。

 そんななか、ホンダは公式ツイッターで、いまから18年後にラインナップされる2040年のシビックの提案を、ユーザーから受け付けています。

 ツイッターで「#未来のCIVIC」をつけて投稿すれば参加可能。ユーザーの提案が、シビック生誕50周年を祝うホンダのイベントで活用されることもあるそうです。

 あわせて、ホンダはシビック生誕50周年を記念するイベントの予告画像もツイッター上で公開。本イベントは、7月1日から「Hondaウエルカムプラザ青山」でおこなわれる予定です。

ホンダ・シビック のカタログ情報を見る

【画像】「最新シビック」早くも来月登場!? 新型「シビック e:HEV」7月発売へ! 「50周年予告画像」とあわせて見る(49枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. へぇ、面白そうだな!
    まあなんにせよ、二度と日本市場から撤退せずにずっと販売し続けてほしい。
    ホンダ=シビックだから。
    日本での販売台数は少なめだけど、しっかり育てていってほしい。