「どうせ降るのに…」梅雨でもこまめに洗車する必要ある? 雨の時期こそ車をキレイに保つべき理由

梅雨の時期は雨が多く降るため、洗車は不要と思われがちです。しかし、雨の時期こそクルマをキレイにしておかないと、後で苦労することになりそうです。

「梅雨に洗車」それって意味あるの?

 梅雨の時期は曇りや雨の日が続き、すっきりと晴れる日が少なくなります。

 雨が続くことで気になるのが、「梅雨の時期に洗車は必要なのか?」ということです。

雨が続く梅雨でも洗車は必要なの?
雨が続く梅雨でも洗車は必要なの?

 雨でクルマのボディが濡れた状態が続くことから、「梅雨の時期に洗車はいらない」「洗ってもまた雨で濡れるから意味がない……」という見方もありますが、梅雨の時期の洗車はどうしたら良いのでしょうか。

 クルマは定期的に洗車をしないとボディ塗装面が傷みます。

 塗装面は汚れなどが酸化しやすく、洗車せず放置していると雨によって酸化が進み、汚れが落ちにくい状況になってしまうのです。

 そのため梅雨であっても洗車は必要といえます。

 とくに年式が経過してボディの上塗りクリア層(最上層)の膜が薄くなっているクルマは、新車に比べて汚れが雨によって酸化しやすいので、梅雨の晴れ間を狙ってこまめに洗車したほうが良いでしょう。

※ ※ ※

 クルマの汚れにはさまざまなものがあります。

 春先は花粉や黄砂がボディに付いて黄色い粉が吹いたような状態になってしまいますし、冬は凍結路面に使用される凍結防止剤(融雪剤)に塩化カルシウムや塩化ナトリウム(塩)が含まれていることから、ボディ下部などに付着したままだとサビが進行してしまいます。

 また、虫の死骸も厄介な汚れのひとつ。虫の死骸に含まれるタンパク質やリン酸は塗装面に悪影響を及ぼし、放置すると塗装面が傷付いて「酸化クレーター」と呼ばれる凸凹が発生する原因になります。

 ほかにも、ブレーキディスクとブレーキパッドの摩擦で発生する鉄粉(ブレーキダスト)がホイールやボディに付着したり、窓ガラスやボディのコーティング剤、大気中の油分、排ガスなどによって油膜が付いてしまうなど、クルマは常に汚れにさらされている状態です。

【画像】最後のホンダ「オデッセイ」セルフ洗車でスライドドアが開く可能性!? 一体なぜ?(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 雨振ってる時にカッパ着て洗車することが多々あります

  2. 殆どの方は信じて貰えないと思いますが、雨のの中で洗車すると汚れが落ちやすいです。
    青空駐車だとワックスがかけられませんが、屋根があるところなら可能です。

  3. 綺麗な車と汚れた車
    雨降った時の雨粒の付き方、弾き方、雨粒の綺麗さが全然違う
    雨中でも綺麗に見せたいなら雨前に洗車しておくべき
    洗車してない車は、雨粒もノッペリして輝きも激減して汚く見えるんだよ