トヨタ本気の2人乗り仕様「GRカローラ」世界初公開! 最強ハッチバックに世界が驚愕! 水素カローラとの関係性とは

トヨタは「GRカローラ」のジャパンプレミアを実施。さらに「モリゾウエディション」を2022年6月1日に世界初公開しました。

トヨタの本気が凄すぎる…「GRカローラ」日本仕様&モリゾウエディション発表!

 2022年6月1日にトヨタは「GRカローラ」のジャパンプレミアならびに「モリゾウエディション」を世界初公開しました。

 新たに公開されたGRカローラ モリゾウエディションとは、どのようなモデルなのでしょうか。

2人乗り仕様のトヨタ最強ハッチバックとなる新型「GRカローラ モリゾウエディション」
2人乗り仕様のトヨタ最強ハッチバックとなる新型「GRカローラ モリゾウエディション」

「ロングセラーだから、変革が必要」
「次世代に向けて生き残る必要がある」

 そんな想いで開発されたのが12代目となるトヨタ「カローラ」です。

 ハッチバック(スポーツ)を皮切りに、セダン、ワゴン(ツーリング)、そしてクロスオーバー(クロス)が登場していますが、新たなファミリーが追加されました。

 それがカローラシリーズのフラッグシップであると同時に、トヨタのスポーツブランド「GR」のオリジナルスポーツカー第4弾となる「GRカローラ」です。

 すでに北米仕様は発表済みですが、今回は右ハンドルの日本仕様です。

 発表に先駆けて筆者(山本シンヤ)は実際にクルマを見て・触ったうえで、開発者の話も聞いてきました。

 エクステリアは「GRヤリス」ほどではないものの、進化したファンクショナルマトリックスグリル採用のフロントバンパー、リアは3本出しマフラーに合わせてデザインされたリアバンパー、+60mm拡幅されたワイドフェンダーなどの採用により、ベースとなるカローラスポーツとは別格の存在感です。

 開発責任者の坂本尚之氏は、新型GRカローラについて次のように話しています。

「フロントバンパーのインテークやフェンダーバルジのアウトレットはクーリングとエアロダイナミクス、ワイドフェンダーはトレッド拡大による運動性能向上のためと、カローラスポーツからの変更点はすべてに機能が伴っています」

 個人的に気になったのは、迫力あるボディに対してリアスポイラーがカローラスポーツと同じで控えめなデザインに感じることですが、坂本氏は次のように続けます。

「装着したほうが運動性能は上がりますが、抵抗が増えエミッションが不利になってしまうために、今回は装着せずバランスを取っています。

 ちなみに北米仕様はリアウイングの設定をしましたが、そのままつけると前後バランスが崩れるので、フロントのインテークのカバーを装着(リフトが抑えられる)で整えています」(坂本尚之氏)

 もうひとつ気になったのはタイヤサイズです。「RZグレード」は235/40R18、「モリゾウエディション」は245/40R18と、世の中のトレンドからすると小径です。

 もう少し大径のほうが見た目のバランスは良く見えそうですが、坂本氏は「19インチという案もありましたが、とにかくバネ下を軽くしたかったので18インチにこだわりました」と説明します。

 ちなみにBBS製鍛造アルミホイールはGRヤリス用ではなくGRカローラ専用サイズ(18×8.5J +30)で、より立体的な形状になっています。

 さらにトレッド拡大のためにリアにはポルシェ「930ターボ」を思い出す純正のスペーサー(30mm)も装着されています。

 インテリアは基本的にはカローラスポーツと同じですが、スポーツ走行時の視認性を高めた専用デザインのTFTメーターやスポーツシートなどの採用により、スポーツイメージを高めています。

 とくに専用メーターはGRヤリスが廉価仕様ベースの事務的なデザインだったことを思うと、嬉しい進化のひとつです。

 シートはRZがスポーツシート、モリゾウエディションがセミバケットシートを装着。

 実際に座ってみましたが、クッションの厚みの差でモリゾウエディションのほうが気持ち低めのポジションに感じましたが、どちらもスポーツモデルにしては高めのポジションのGRヤリスよりも適正かなと。

 ちなみにモリゾウエディションのシートベルトは専用の“赤”になっています。

 筆者は自身のGRヤリスのシートベルトを赤に変更済みですが、さっそく真似されました(笑)。

 トランスミッションは6速MT(iMT)のみの設定です。操作してみると正確性が高くカチッとしたフィールはGRMNヤリスのそれと同じで、リンケージ類も進化しているのでしょう。

 サイドブレーキはノーマルの電子式(EPB)からレバー式に変更。AWDの前後駆動配分の切り替えをおこなうダイヤルはシフトレバー後方にレイアウトされています。

 加えてアクセル応答性/ステアリングの特性が変更可能なドライブモードスイッチも用意、ユーザーの好みや走行環境に合わせて選択肢があるのはいいことです。

 居住性はカローラスポーツとほぼ同じと考えていいと思います。

 GRヤリスは空力を優先した3ドアボディの採用で前席優先のパッケージですが、GRカローラは実用性の部分も強みのひとつになるでしょう。

 ただ、モリゾウエディションは驚きのリアシートレスの2シーター仕様で、本来リアシートがある位置には補強部品を装着。

 これにより約30kgの軽量化だといいますが、3ドアのGRMNヤリスならまだしも5ドアボディのGRカローラでやってしまうとは驚きしかないです。

 パワートレインはGRヤリスと同じ直列3気筒1.6リッターターボ「G16E-GTS」ですが、GRカローラ用に開発された進化版です。

 具体的には吸気ポートの進化、大型排気バルブ/マルチオイル・ジェットピストンの採用、エキゾーストの進化(3本出しマフラー)などにより、GRヤリスの272ps/370Nmから304ps/370Nmにアップ。

 さらにモリゾウエディションは過給圧アップなどのさらなるチューニングによって304ps/400NMとなっています。

【画像】まさかの2人乗り仕様!? 最強「カローラ」ここに誕生! 実車の写真を見る!(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2 3

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント