阪神高速 2年にわたり一部区間が1車線減 16号大阪港線の拡幅部「縦目地」解消へ

阪神高速16号大阪港線の、天保山方面の西船場JCT~阿波座JCT間で、およそ2年にわたり1車線をふさぐ規制が実施されます。長期にわたり何がおこなわれるのでしょうか。

西船場JCT→阿波座JCTで車線規制

 2022年6月10日から2年以上にわたり、阪神高速16号大阪港線の一部区間で車線規制が実施されます。

16号大阪港線の車線規制箇所は、既設部と拡幅部の境に縦目地がある(画像:阪神高速)
16号大阪港線の車線規制箇所は、既設部と拡幅部の境に縦目地がある(画像:阪神高速)

 天保山方面の西船場JCTから阿波座JCTまでの区間で、2022年6月10日22時から2024年秋まで、4車線のうち一番左の1車線が600mにわたりふさがれる予定です。

 この1車線規制に伴い、車線数が絞られる西船場JCTの合流部や、車線形状が変わる期間のある阿波座JCTの分岐部は、走行に注意が必要になります。

 期間中、現場では「縦目地」の解消を中心とした大規模改修が計画されています。

 阪神高速によるとこの区間は、1997年に3車線から4車線に拡幅されました。

 このとき、橋脚位置の制約から、既設部分と拡幅部分の境目にはゴム製の伸縮装置(縦目地)を入れて走行面が連続化されましたが、その後、一部区間で大きな損傷や異常音といった不具合が発生。対策を講じているものの、現時点で抜本的な解消には至っていないといいます。

 今回の工事では、この拡幅部の桁と床版を既設部と一体化し、縦目地構造を解消するといいます。

 工事は2020年12月から進められており、既設橋脚の改良が進行中。3車線分を支える梁を4車線分に拡幅し、ケーブルで補強したり、荷重を支える構造を改良したりしています。

 6月から始まる車線規制中には、拡幅桁を取り換えて、新しい桁と既設桁を一体化することで縦目地構造をなくします。

 阪神高速は「高速道路をご利用されるお客さま、ならびに沿道にお住まいの皆さまには長期にわたりご迷惑、ご不便をお掛けいたしますが、何とぞご理解とご協力をお願いいたします」と呼び掛けています。

【画像】16号大阪港線の車線規制箇所と、「縦目地」の損傷状況(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント