トヨタ新型「クラウン」登場か!? 16代目は「どう進化する?」 今年最大の注目モデルの最新情報とは

トヨタ「クラウン」は、現行15代目モデルの受注がストップされており、SNSでは「新型が出るのでは?」と憶測が飛び交っています。今後のクラウンの動向はどのようになっていくのでしょうか。

ついに16代目モデルが登場するのか? 新型「クラウン」最新情報

 長い歴史を誇るトヨタ「クラウン」ですが、現在、現行モデルである15代目の受注がストップされており、SNSでは「新型が出るのでは?」と憶測が飛び交っています。
 
 今後のクラウンの動向はどのようになっていくのでしょうか。

15代目クラウンが受注終了? 次の16代目クラウンはどうなるのか?(画像は15代目クラウン)
15代目クラウンが受注終了? 次の16代目クラウンはどうなるのか?(画像は15代目クラウン)

 1955年に初代が誕生したトヨタ「クラウン」は、トヨタはもちろん国産車のなかでも随一の歴史を誇るクルマです。

 過去には「いつかはクラウン」とのキャッチフレーズが流行するなど、多くのユーザーから憧れの対象のひとつとされてきました。

 現行モデルは2018年に登場した15代目です。日本の道路事情に合わせたサイズ感を維持しつつも、ドイツのニュルブルクリンクで走り磨くなど、欧州車にも負けないスポーティセダンとしての性格を強めたていることが大きな特徴です。

 しかし、そんな現行モデルですが、2022年5月現在、ほとんどの販売店でオーダーをストップしています。

 それにともない、SNSなどでは「まもなく新型クラウン登場か」というコメントが見られるようになるなど、ユーザーの期待が高まっています。

 実際、東京や大阪、愛知などのトヨタ販売店の担当者は「フルモデルチェンジがおこなわれることは確実」とコメントし、現在は詳細な情報を待っている状態といいます。

 一方、新型クラウンについては、以前から大きな変化が起こるという噂がありました。

 2020年の11月には、「新型クラウンがSUVとして登場する」という衝撃的な内容が報じられ話題となりました。

 いずれにせよ、これまでのクラウンからは大きく変化するとの見方が有力ですが、その背景には、かつての憧れの対象であったクラウンの人気が落ちているという事情があります。

 セダン人気自体が低迷していることに加え、レクサスの登場により「国産(トヨタ車)の最上級セダン」という立ち位置もあいまいとなってしまいました。

 アメリカや中国のような、セダン人気が高い国や地域に輸出できれば良いのですが、日本の道路環境に合わせて開発されているため、それも簡単ではないのが実情です。

 一方、SUVの人気はとどまるところを知りません。かつてはセダンこそが「クルマの基本形」とされていましたが、現在ではむしろSUVがその位置といっても過言ではないほどです。

 では、実際に新型クラウンはどのような形で登場するのでしょうか。

 あるトヨタ販売店の営業担当者は「従来のセダン型から、新たに形が変わるようなデザインになると聞いています」と話します。

 ただし「具体的にどのように変わるかという情報はまだありません」といいます。

 かつてクラウンには、クーペタイプやワゴンタイプのものがありました。

 しかし、それらはあくまでもセダンをベースとしたものであり、派生車の域を出ていません。

 もし、この担当者の話が事実であるならば、少なくとも現在のクラウンのイメージからは大きく変化するものになることは間違いないでしょう。

 また、前出とは別の販売店担当者は、次のように話しています。

「現状の新型クラウンに関して、発表は7月中旬から下旬だと聞いています。

 デザインはクーペスタイルと聞いており、ボディサイズも大きくなるようです。

 またグレードは標準、RSのふたつで、標準は2.5リッターハイブリット、RSは2.4リッターターボハイブリットを搭載すると聞いています」

※ ※ ※

 日本を代表するセダンのクラウン。新たに16代目モデルへとフルモデルチェンジする際、どのような進化を遂げるのか正式発表が待たれます。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】クラウンはどうなる? 噂の「クラウンSUV」&15代目モデルはどんなデザイン? 写真で確認する!(35枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 新型クラウンの一番のあるべき姿は
    GR86みたいに先代のプラットフォーム使い回して
    ボディ、脚回り等を変更したFR保持のFRセダン継続で

    クロスオーバーはCクラスオールテレインを意識して
    FRセダンが存続してる上でFRセダンで使ってる
    プラットフォームを流用したまま4WD化して
    トランクを車内空間と繋げたステーションワゴン型にして
    長さ5m以下、幅1.85m以下、高さ1.55m以下の
    立体駐車場に収まるサイズの範囲内で
    無塗装バンパー付けて車高上げて
    オフロード性能を上げた派生型の
    クロスオーバーワゴンとして出すぐらいが妥協

  2. クラウンの初代は1955年
    1995年ではありません。

    • わざわざランクルと競合させなくてもいいのに

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. 今2018年モデルのクラウンアドバンスに乗ってます。
    腰痛持ちですが、クラウンならなんとか長距離も大丈夫です。
    僕が、車に望むのは自動運転支援の部分と疲れない乗り心地です。
    そこを改善してくれたら、いいですけど
    それとホントはSUVがいい。幅は180でもいいけど長さは500もいりません
    値段は少し高いけど、故障等の事を考えると外車よりいいと購入しました。

  4. 趣味で各メーカーな車を複数台所有しています。
    今までクラウンはMS110/UZS131/GRS184と3台乗っていますがどの型でも良い車です
    日本の道路事情にも合っていてとても乗りやすく、エアコンも超強力で快適ですしどのグレードを買っても満足出来る作りかと
    現状の環境規制下では大排気量エンジンは厳しいとは思いますが、やはりハイソカーとしてのクラウンは大好きです
    新型にも高出力FRセダンを期待しています3000ccターボ位は欲しいなぁ~
    SUVは他の車種でお願いしますトヨタさん

  5. SUVになったクラウン…。それはただの「ク ・ラウン クルー」では(…汗)。