ホンダ新型「ステップワゴン」で車中泊! 「何が必要!?」なのか寝て考えた! 凹凸対策がポイントか

6代目にモデルチェンジしたホンダ新型「ステップワゴン」には、車中泊に欠かせない新機能が備わります。実際に寝て試してみることにしました。

編集部員が新型ステップワゴンに寝転んで試してみた

 いま話題の「車中泊」をするには、まず何を用意する必要があるのでしょうか。
 
 2022年5月26日に発表されたホンダ新型「ステップワゴン」をベースに、快適な車中泊を実現するための方法を考えてみました。

ホンダ 新型ステップワゴン AIRの寝心地をチェックする「くるまのニュース」編集部K(身長170cm)
ホンダ 新型ステップワゴン AIRの寝心地をチェックする「くるまのニュース」編集部K(身長170cm)

 ホンダは、ミディアムクラスのミニバン「ステップワゴン」をフルモデルチェンジしました。

 ライバルのトヨタ「ノア/ヴォクシー」や日産「セレナ」も含め、ファミリーカーとして新型ミニバンを検討している人には、「車中泊」を試してみたいと考えている人もいるでしょう。

 新型ステップワゴンで実際に寝転んでみて寝心地を確かめるとともに、車中泊に必要なアイテムについて探ってみました。

 まずは就寝するための“ベッド”を確保する必要があります。

 ミニバンには3列のシートが配置されています。そのうちの少なくとも前後2列分を倒し、1つのベッドのように一体で倒せばOKです。

 ただし近年流行りのキャプテンシート車は、車中泊に不向きなレイアウトです。

 キャプテンシートはセカンドシート(2列目)が左右独立したタイプのため、倒すと左右のシートの間に大きなすき間ができてしまうのです。

 ところが新型ステップワゴンには、そんなギャップを埋める必殺技「ワンアクションレバー」が備わります。

 左右のシート間を中央側に寄せられる機能で、セカンドシートを一体化してくれます。

 各席のヘッドレストをあらかじめ外し、寄せられたセカンドシートとサードシート(3列目席)をともに倒して一体化すれば、大きなベッドの完成です。

 くるまのニュース編集部のK(身長およそ170cm)が実際に寝転んでみたところ、大人2名がゆったりと寝ることができるくらいの空間だと確認できました。

 ただしそのままの状態では各々のシートに凹凸があり、長時間の就寝はキツそうです。マットなどを敷くことで、より快適な睡眠が確保できるでしょう。

 空気で膨らむタイプのキャンプ用マットは、使用しないときにはコンパクトに片づけられるので、車中泊でもおススメのアイテムです。

【画像】「実際に寝てみた!」新型ステップワゴンの「寝床」と内装の写真を見る(27枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント