日産が「ほぼソファ」を新型軽に採用!? 新型「サクラ」はオシャな室内も注目! いつまでも居たくなる!?

日産が2022年夏に発売を予定している新型軽EV「サクラ」は洗練された室内も注目ポイントのひとつです。どのようなデザインになっているのでしょうか。

上質なファブリックをダッシュボードに採用

 日産は、2022年5月20日に新型軽EV「サクラ」を発表、同年夏に発売を予定しています。

 上質で洗練された外観デザインやEVならではの静かで力強い走りもさることながら、内装も独自デザインとなっています。どのような特徴があるのでしょうか。

日産新型「サクラ」
日産新型「サクラ」

 新型サクラは、量販EVの先駆者といえる日産が「リーフ」「アリア」に続いて市場投入する乗用EVです。同社として初めての軽EVとなります。

 日産と三菱の合弁会社 NMKVが企画・開発マネジメントを担当。三菱版のモデルとして新型「eKクロスEV」も2022年夏の発売を予定します。

 国からの補助金を含めた実質購入価格が180万円前後からになる点も、話題となっています。

※ ※ ※

 新型サクラの内装について、日産は「座り心地の良いソファデザインを採用した」と説明します。

 フロントシート/リアシートを見ると、運転席側と助手席側が連続しているように見えるデザイン(ベンチシート)となっており、ふたりがけのソファを連想させます。

 また高品質なファブリックをダッシュボードなど広範囲にしつらえたことで、ワンランク上の品質感を提供。

 水平ラインに配したカッパー色のフィニッシャーも、軽自動車の枠を超えたひろびろ感の演出に貢献します。

 2本スポークのステアリングや内装の各種ディスプレイのデザインは、日産のEVラインナップでフラッグシップとなる「アリア」との共通性も感じさせます。

 デザイン・質感ともに優れた新型サクラの内装は、軽自動車らしさを感じさせないクオリティで注目されそうです。

 それではここでクイズです。

 新型サクラの中間グレード「X」の車両価格(消費税込み、前述の補助金などは除く)として、もっとも近い金額は次の選択肢のうちどれでしょうか。

【1】220万円

【2】230万円

【3】240万円

【4】250万円

※ ※ ※

 正解は【3】の「240万円」です。

 Xグレードの車両価格は239万9100円で、国の補助金(55万円)を活用することで実質価格が185万円になります。

【画像】確かにソファっぽい! 日産新型「サクラ」のハイセンスな内外装を画像で見る(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント