次の夏休みは大丈夫? 2022年GWの沖縄を襲った深刻な「レンタカー不足」はなぜ起きた?

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などで、2019年、2020年と外出が制限されていたゴールデンウイーク(GW)ですが、2022年の今年は2年ぶりに各地で観光客が増えたといいます。そんななか、沖縄では深刻なレンタカー不足がおこり、国産コンパクトカーのレンタカー料金が24時間で4万円以上というところもあったようです。なぜこのような事態が起きたのでしょうか。

沖縄で那覇市以外の観光地に行くにはレンタカーが必須

 3年ぶりに“制限なし”となった2022年のゴールデンウィーク(GW)。各観光地は、休日を楽しむ人々で賑わいました。

沖縄で那覇市以外の観光地に行くにはレンタカーが便利だ
沖縄で那覇市以外の観光地に行くにはレンタカーが便利だ

 ところでこのGWに、ひときわ注目を集めたニュースがあります。それは、沖縄での「レンタカー不足問題」です。

 GWはもちろん沖縄観光の繁忙期で、レンタカーの稼働率は高まります。

 しかし2022年については、早い時期から「レンタカーが予約できない」「飛行機もホテルも取れてるのに、キャンセルするしかない」という声が上がる事態となっていました。

 さらに一部のレンタカー事業者は、“売り手市場”であることをいいことに、コンパクトカーに1日(24時間)4万円以上の料金を設定するなど、異常とも思える事態となっていました。

 さて、このような状況に至った背景には、沖縄特有の観光事情があります。

 沖縄観光の目玉は何といっても“青い海”で、その海を楽しめるリゾートエリアはおもに西海岸に沿って沖縄本島北部まで点在しています。

 その一方で、公共交通機関としての鉄道は、沖縄都市モノレール(通称・ゆいレール)が、那覇空港駅から那覇市の隣、浦添市にあるてだこ浦西駅まで、わずか17kmを結ぶのみです。

 つまりモノレールだけで事が足りるのは、那覇市内に宿泊し、市内での観光を楽しむ人だけで、西海岸のリゾートへはそれ以外の交通手段の選択が必要となるのです。

 そのニーズに対応するのが、空港から美浜、恩納、名護、本部など、西海岸の各リゾートエリアに運行する路線バスです。しかしすべてのリゾートホテルの前にバス停があるわけではなく、一部ホテルの宿泊客を除けば、使い勝手がいいとはいえません。

 さらに沖縄美ら海水族館や万座毛、残波岬といった観光地は、こうしたリゾートエリアからやや離れたところにあり、クルマ以外の交通手段で訪ねるのはとても不便です。

 そうした理由から、沖縄では「那覇空港でレンタカーを借り、滞在中の移動の足として使う」という旅行のスタイルが一般的となっています。そして那覇空港周辺には全国ネットの大手レンタカーから地元資本のものまで、10を超えるレンタカー事業者が拠点を置き、需要に応えていました。

 そして各レンタカー事業者は近年、沖縄へのインバウンド観光客数増加を受け、さらに台数を増やして対応していました。

【画像】この夏に行きたい!沖縄の道路事情を画像でチェック(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 沖縄程度の広さだったら小型モビリティー専門のレンタカーを始めれば悪徳レンタカー会社を駆逐できるのでは?。小型EVでもバッテリーは持つと思うし、スピード制限すれば野生動物を轢くことも減る。