乗れば納得!モーターファンフェスタのHKSブースでは新型ヴォクシー用の「HIPERMAX S」を公開 “走り心地”の意味とは?

自動車用チューニングパーツメーカー「HKS」が、2022年4月24日に富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタにブースを出展しました。ブースでは新型ヴォクシー用のサスペンションキットもいち早く公開し、その“走り心地”を多くの来場者が体感していました。

新型ヴォクシー用の車高調をいち早く開発して展示・試乗をおこなったHKS

 2022年4月24日に富士スピードウェイ全域を会場として開催されたモーターファンフェスタ。3年ぶりの開催ということもあって、生憎の雨模様にもかかわらず2万人以上の来場者を記録しました。

 このモーターファンフェスタ、メーカーやショップが持ち込んだ車両やデモカーを間近で見ることができるだけでなく、体験試乗もすることができる貴重な場ということで、愛車のカスタマイズを検討しているユーザーにしてみれば絶好のチャンスということになります。

車高調整式サスペンションキット「HIPER MAX S」が装着された新型ヴォクシー
車高調整式サスペンションキット「HIPER MAX S」が装着された新型ヴォクシー

 その中でも国産チューニングパーツメーカーの老舗であるHKS(エッチ・ケー・エス)は、GR86と新型レヴォーグ、そして先日デビューしたばかりの新型ヴォクシーという3台のデモカーに体験試乗できるという大盤振る舞い。

 3車種とも新開発の車高調整式サスペンションである「HIPERMAX S」を装着(ヴォクシーのものはプロトタイプ)し、GR86とレヴォーグについては同社のマフラー「Hi-Power SPEC-L ll」を装着していました。

 このHIPERMAX SはHKSが培ってきた技術力を集結して開発された車高調整式サスペンションキットで、減衰力特性、耐久性、美観とすべてにおいて進化がなされており、HKSサスペンション史上最高の“走り心地”を提供してくれるというもので、HKSの自信作と言える逸品となっています。

 とはいえ、なかなかサスペンションキットの乗り味というのは実際に体験してみないと判断が付かないもの。しかしサスペンションキットは決して安価なものではないため、装着して好みに合わなかったからといってポンポンと買い替えることはなかなか難しいものです。

 そういった悩みを抱えているユーザーは非常に多かったようで、今回の体感試乗は事前予約があっという間に全枠埋まってしまうほどの盛況ぶりとなりました。

新型ヴォクシー用車高調整式サスペンションキット「HIPER MAX S」※プロトタイプモデル
新型ヴォクシー用車高調整式サスペンションキット「HIPER MAX S」※プロトタイプモデル

 実際に試乗した人はその“走り心地”に感動を覚える人が多かったようで、「車高調というとスタイルのために乗り心地は少々犠牲になると思っていましたが、乗り心地の良さにビックリしました。」という人や、「若いころ、スポーツ系の車種に乗って車高調を入れていましたが、当時のものはここまで安定感が向上した記憶はなく、進化に驚いています。」というように、初めて車高調を入れようとしている人から過去に車高調を使用していた人まで、幅広いユーザーから驚きの声が挙がっていたとのこと。

 なお、今回は新型車を中心に体感試乗を実施したHIPERMAX Sですが、実は最新モデルだけでなく往年の名車、例えば80スープラやR32スカイラインGT-R、ユーノスロードスター用などもラインナップしているので、最新技術を投入したサスペンションでクルマ全体をレベルアップさせることも可能となっている点は特筆すべきポイントと言えるでしょう。

 またマフラーについては動画などである程度のサウンドを確認できるものの、自身で確認したいと考えるユーザーも多いらしく、「このくらいの音量であればと家族からOKがでました。」という歓びの声も聞かれました。

 マフラーについては、最近では純正品の性能向上が目覚ましく、装着するだけで大きくパワーアップというのはなかなか難しくなってきていますが、生産コストと効率を重視しなければならない純正に比べ、HKSのマフラーはよりスタイリッシュな見た目や圧倒的な軽量化、そして何より気持ちを昂らせてくれるサウンドがポイント。それだけにキモとなるサウンドを自らの耳で確かめたいという声は多いようです。

 なお、HKSでは今回のイベントだけではなく、定期的に各地のショップや大型カー用品店にて体感試乗会などを実施しているので、気になる人はHKSのサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

【画像】カスタム派のユーザー大注目! HKSブースの模様を見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント