“アルファード風EV”出た!? オラ顔な新型高級ミニバン「アイマックス8 EV」世界初公開! 約550万円から 中国発表

「上海汽車集団」(SAIC)は、新型ミニバン「Roewe iMAX8 EV」を中国で発売したと公式Weiboでアナウンスしました。「アルファード」を思わせるような、迫力あるフロントフェイスが特徴です。

内装はファーストクラス級!? さらに保冷庫付き

 中国の自動車メーカー「上海汽車集団」(SAIC)は、2022年5月5日に公式Weiboを更新、新型ミニバン「Roewe iMAX8 EV」を現地で発売したと発表しました。

 EVタイプの大型ミニバンとなりますが、どのような特徴があるのでしょうか。

新型ミニバン「Roewe iMAX8 EV」(画像:SAICの公式Weiboより)
新型ミニバン「Roewe iMAX8 EV」(画像:SAICの公式Weiboより)

「Roewe iMAX8 EV」は、同ブランドの全長約5m級ミニバン「Roewe iMAX8」をEV化したモデルです。

 フロントフェイスは、ダイヤモンドカットを取り入れた立体的な意匠を採用し、迫力あるデザインを実現。

 ロアグリル部まで伸びた大型フロントグリルは、トヨタの高級ミニバン「アルファード」にも通ずるデザインといえるでしょう。

 2列目シートは、ファーストクラスの座席を思わせる豪華なつくりとなっているほか、マッサージ機能も装備。3列の各シートは前後スライドが可能で、荷物の量に応じて位置を調整できます。

 インパネ中央には12.3インチディスプレイを搭載するほか、冷蔵・保温が可能なドリンクボックスも採用されました。

 搭載される駆動用バッテリーの容量は90kWh、一充電あたりの航続可能距離は550km(CLTCモード)を確保し、高速充電機能も活用することで、バッテリー残量30%から80%まで最短30分で充電することができます。

 搭載されるモーターのスペックは最高出力245馬力・最大トルク350Nmです。

「Roewe iMAX8 EV」価格は27万9800元から32万9800元(約547万円から約646万円)です。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

【画像】オラ顔強調の“アルファード風EV”!? 新型「アイマックス8 EV」世界初公開! 存在感スゴい高級ミニバンを画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. アルファードじゃ