最後の日産「フーガ」発表!? 黒フェイスが豪華な高級セダン爆誕! 最終仕様「プレミアムセレクトエディション」が日産東京で発売へ

日産東京が「フーガ」のファイナルバージョン「プレミアムセレクトエディション」を限定100台で販売するとホームページで告知しました。オーテックと日産東京のコラボで実現した、現行フーガ最後の限定車になります。

オーテックと日産東京がコラボ!「フーガ」のファイナルバージョンは100台限定!

 日産東京は、オーテックとのコラボレーションした「フーガ」のファイナルバージョン特別仕様車「プレミアムセレクトエディション」を限定100台で販売するとホームページで告知しました。

 いったいどのような特別仕様車なのでしょうか。

ついに最後の「フーガ」登場か? 限定100台!日産東京とオーテックのコラボ車「プレミアムセレクトエディション」発売!(画像は通常仕様)
ついに最後の「フーガ」登場か? 限定100台!日産東京とオーテックのコラボ車「プレミアムセレクトエディション」発売!(画像は通常仕様)

 フーガは、40年以上続いた「セドリック」「グロリア」の後継車として2004年に初代モデルが登場しました。

 その後2009年にフルモデルチェンジを実施し、現行型となる2代目が登場。

 2010年にはハイブリッドモデルも登場し、2015年の大幅改良を経ながら2022年で13年目を迎えるロングライフモデルとなっていました。

 その現行型フーガのファイナルエディションとして、日産東京のホームページで「プレミアムセレクトエディション」が100台限定で販売されることが告知されています。

 この限定車は日産東京がオーテックとのコラボレーションにより実現したモデルで、北米で2019年まで販売されていたインフィニティ「Q70」をイメージした特別仕様車となっています。

 ベースとなるグレードは3.5リッターV型6気筒エンジンの「ハイブリッド」と、3.7リッターV型6気筒エンジンの「370GT Type S」の2種類となっています。

 まず外観上ではダークフィニッシュモールのフロントグリル、ボディ同色のリアスポイラー、ダークトランクフィニッシャー、ダークフィニッシュアンダーリアバンパーを装備。

 ハイブリッドではそれに加えて、フロントバンパーモールとフォグランプフィニッシャーもダークフィニッシュタイプとなり、また18インチアルミホイールもダークフィニッシュカラーとなります。

 そのほかは本革パッケージとして前席シートバックグリップベルト(ハイブリッドのみ)、抗菌仕様の本革シート、前席エアコンディショニングシート、電動ガラスサンルーフが特別装備として装着されます。

 ボディーカラーは3色のみでグレードごとに台数が決まっており、ブリリアントホワイトパール(5万5000円高)はハイブリッドが20台/370GT Type Sが30台。

 スーパーブラックはハイブリッドが20台/370GT Type Sが15台、ダークメタルグレーが370GT Type Sのみの設定で15台、合計100台の限定車となっています。

 日産東京によれば「日産東京独自にオーテックとコラボした現行フーガの最後のモデルで、4月下旬から告知しています。東京以外に住んでいる人でも購入は可能ですが、手続きなどは該当店舗でおこなう形となります」と話しています。

※ ※ ※

 価格は「ハイブリッド プレミアムセレクトエディション」が709万600円、「370GT Type Sプレミアムセレクトエディション」が647万1300円となっています。

 なお「プレミアムセレクトエディション」の生産は2022年7月から8月ごろ、納車は同年8月から9月ごろの予定です。

日産・フーガ のカタログ情報を見る

【画像】これが最後のフーガなのか? 限定100台の日産高級セダンの実車を見る!(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 果たして売り切る事が出来るのだろうか?

  2. ハイブリッド出て直ぐ買って乗ってました。
    もう降りてしまいましたが、内装のチリとか、シートの感触とか、とても良かったです。
    もう少しバッテリーだけで走れる距離が長いと良かったのですが…
    会社の同僚がフーガ無くなるってことで、Type Sを先月注文したと言ってました。
    良い車なので無くなっちゃうのは残念です。

  3. 内装がビックルするくらい古臭いな。カローラの方がまだ高級感あるわ。

  4. 日本の高級車でこれ程《抑揚の効いたセダン》は無かったし 世界的に見てもジャガー/アストンマーチンに匹敵する素晴らしいセンス エンジンも世界で通用する逸品だったが・・『流石 日産』大きなミスを❗ 日本では少々デカく アメリカでは少々小さい ±10センチの中途半端、ヨーロッパでなら高級では無く超高級品で(内装 手仕上げで2千万でなら良かったかも) アメリカのコレクターも好きだけど価格的に安いからコレクションアイテムにならないと言っていた 私の中ではGUCCIのバックが似合う人の車 セドリック/グロリア/クラウン乗るオッサンが乗り替えれば・・・