ホンダがまさかの復活決断!? 新型「インテグラ」米で2022年6月に発売へ 約400万円から

ホンダの高級ブランド・アキュラが新型「インテグラ」の販売を2022年6月に米国でスタートさせます!

1.5リッターターボエンジンを搭載

 ホンダの高級ブランドであるアキュラが、新型「インテグラ」を2022年6月から米国で販売するとアナウンスしました。

スポーティな走りに期待!アキュラが公開した新型「インテグラ」の走行イメージ(画像:アキュラ公式インスタグラム)
スポーティな走りに期待!アキュラが公開した新型「インテグラ」の走行イメージ(画像:アキュラ公式インスタグラム)

 インテグラは、2007年の生産終了(4代目、アキュラではRSXとして展開)から15年ぶりの車種名復活となります。

 新型インテグラは、これまでのアキュラのラインナップのなかでも新しいユーザーを迎えるパフォーマンスモデルで、デザインと運転の楽しさを備えたプレミアムスポーツコンパクトという位置付けになっています。

 デザインは日本でおこなわれ、傾斜したルーフラインとリフトバックテールゲートにより、クーペのような存在感のあるエクステリアを実現。

 北米市場でのグレード展開は「標準仕様」と「A-Spec」に分かれており、A-Specにはアダプティブダンパーシステム(ADS)を含む「A-Specテクノロジーパッケージ」も用意されています。

 フロントフェイスは、ダイヤモンドペンタゴングリルやLEDライトのデザインにより、アキュラ独自のライティングシグネチャーを表現。よりスポーティな印象を与えました。

 前後のライト付近に「Integra」のネームをエンボス加工するなど、誰もがひと目でインテグラとわかるようになっています。

 リアビューにおいては、存在感のあるリアホイールアーチと、デュアルエキゾーストがアグレッシブさを強調しています。

 A-Specには専用デザインが採用され、スポーティなリップスポイラーとA-Specバッジがフロントとリアを盛り上げます。

 ボディサイズは、全長185.8インチ(約4719mm)×全幅72インチ(約1829mm)、全高55.5インチ(約1410mm)、ホイールベース107.7インチ(約2736mm)となっています。

 パワートレインは、1.5リッター直列4気筒ターボチャージャー付きエンジン(最高出力200馬力)にCVTまたは6速MT(A-Specのみ)を設定。

 またドライバーは、スロットルレスポンス、オートマチックトランスミッションのマッピング、ステアリングフィールが異なる運転モード(コンフォート、ノーマル、スポーツ)が選択可能です。

 A-Specテクノロジーパッケージに設定されるアダプティブダンパーシステム(ADS)は前述の運転モードにより、減衰特性が変更され、乗り心地とハンドリング性能を正確に制御できます。

 価格は、標準仕様が3万800ドル(約401万7557円)から、A-Specが3万2800ドル(約427万円)からという設定で、A-SpecテクノロジーパッケージとA-Specテクノロジーパッケージ(6速MT)が、それぞれ3万5800ドル(約465万8564円)からという設定になっています。

ホンダ・インテグラ のカタログ情報を見る

【画像】ついに新型「インテグラ」2022年6月に発売! スポーティな実車を画像で見る(44枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

コバケン へ返信する コメントをキャンセル

3件のコメント

  1. カツコインテグラ!
    ホンダさん!本国では最近N-BOX、フリードに売上が偏っているようで、ワインディングを運転する楽しいクルマが少ないです。
    宗一郎さんが目指したものは、なんだったのかもう一度考えれば、インテグラを日本市場に出さない理由は皆無ですよね!

    • シビックがあるでしょ

  2. 先行受注ではMT比率が高いみたいだね