トンネル内にプロジェクションマッピング!? 開通した新東名「伊勢原大山−新秦野」に投入された数々の新設備とは

2022年4月16日に新東名高速道路の一部区間が開通しました。今回開通した伊勢原大山ICから新秦野ICまでの約13km区間には、最新の道路設備が備わっているといいます。開通式前におこなわれた取材会で、新たな高速道路のミライを実感しました。

トンネルの天井に案内文字が映し出される

 2022年4月16日、新東名高速道路の伊勢原大山ICから新秦野ICまでの約13km区間が開通しました。

新東名高速道路・小原トンネル西〜秦野IC周辺
新東名高速道路・小原トンネル西〜秦野IC周辺

 東京方面からは伊勢原大山ICまで延びていた新東名高速道路が、さらに西進。一方、反対側となる名古屋方面からの新東名高速道路は、現在、新御殿場ICまで完成しています。

 今回の開通により新東名高速道路の未開通部分は、新御殿場ICから新秦野ICまでの約26kmが残るばかりです。

 今回、伊勢原大山IC〜新秦野IC間の開通直前に開かれたメディア向け取材会に参加しました。そこで見た高速道路の最先端設備を紹介します。

※ ※ ※

 今回、開通した区間のトンネルで採用された目玉となる新設備が、「トンネル内安全啓発設備」です。

 高取山トンネルと羽根トンネルの中間付近に、トンネルの出口までの距離を示す投影装置が設置されました。トンネルの天井に、「出口1.5km」といった文字を映し出す、いわゆるプロジェクションマッピングが採用されたのです。

 投影装置は、道路の脇の路側帯に設置されていました。またその隣にはカメラもあり、トンネル内の安全を監視しています。

 また、トンネル内の排煙装備、いわゆるジェットファンをアーチ形にして非常駐車帯に設置したのも、今回のトピックのひとつ。

 ジェットファンは、万が一火災が起きた時に、迅速に煙をトンネル外に排出するために設置されているものです。

 従来のものは、まっすぐな形をしていましたが、緩やかに曲げた形にすることで圧迫感を低下させています。また、非常駐車帯に設置されているので、点検するときは片側1車線を規制するだけでOK。つまり、点検のために通行止めしなくて済むようになるのです。

高速が進化してる!! 開通した新東名で見た数々の最新設備を【画像】で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント