シトロエン多人数ミニバンが消える!?「グランドC4スペースツアラー」生産終了で今後どうなる?

多人数乗車できる輸入ミニバンとして人気のあったシトロエン「グランドC4スペースツアラー」の生産を終了すると本国で発表がありました。今後どうなるのでしょうか。

「C4ピカソ」の車名で知られた7シーターミニバン

 ステランティスのブランドである仏シトロエンは2022年4月21日、ミニバン「グランドC4スペースツアラー」の生産を終了すると発表しました。生産拠点のスペイン・ヴィーゴ工場では、現在受注分のグランドC4スペースツアラーを生産後、2022年7月初旬に終了する予定です。

シトロエン「グランドC4スペースツアラー」の走り
シトロエン「グランドC4スペースツアラー」の走り

 グランドC4スペースツアラーは、「クサラピカソ」の後継モデルとして、2006年に「グランドC4ピカソ」という車名で世界初公開された3列シート7人乗りミニバンです。翌2007年には2列シート5人乗りの「C4ピカソ」も登場しました。日本では2007年に3列シート7人乗りが発売され、このモデルが日本ではC4ピカソという車名で販売されました。

 初代C4ピカソは、ドライバーの頭上まで広がる大きなフロントガラスが特徴で、開放感のある室内空間を実現。さらにリアにエアサスペンションを採用することで、マジック・カーペット・ライド(魔法のじゅうたんのような乗り心地)と評されるシトロエンらしい乗り心地が好評でした。世界中で人気となり、2006年から2013年まで、全世界で89万1000台が販売されました。

 2013年には現行型2代目へとフルモデルチェンジをおこない、日本でも2014年に発売されました。この際、初代は日本市場でC4ピカソ名で販売されていましたが、初代では設定のなかった2列シート5人乗りを新たに設定、こちらをC4ピカソとして、3列シート7人乗りをグランドC4ピカソという、欧州名と同じ2種類で展開されました。

 2016年にはマイナーチェンジをおこない後期型に進化。現在までの世界販売台数はおよそ73万2000台となっています。

 2018年、本国で車名を「C4スペースツアラー」「グランドC4スペースツアラー」に変更、その9月に日本でも名称変更されました。その後5人乗りバージョンはカタログから消えました。

※ ※ ※

 グランドC4スペースツアラーは全長4605mm×全幅1825mm×全高1670mm、ホイールベースは2840mmというミニバンです。7人乗車が可能ですが、後席ドアはスライド式ではなく、スイング式を採用しています。

 現在シトロエンの公式ホームページには、まだグランドC4スペースツアラーが載っていますが、現地で2022年7月に生産が終了となれば、日本でももうまもなくカタログ落ちする可能性が高くなります。

 現在、シトロエンブランドで唯一の3列シート7人乗りモデルがこのグランドC4スペースツアラーなのですが、今後はどうなるのでしょうか。このモデルに代わる新たな車種の投入はあるのでしょうか。

 じつはシトロエンの人気MPV「ベルランゴ」に3列シート7人乗りロングボディバージョン「ベルランゴXL」が追加されることが2022年3月に発表されています。

 ベルランゴXLは全長4753mm×全幅1848mm×全高1812mm、ホイールベース2975mm(欧州仕様)というボディサイズで、通常のベルランゴよりも全長が約350mm、ホイールベースが190mm長くなっています。全幅・全高は変わりません。
 
 ベルランゴXLの日本導入は「2022年中」とだけ発表されており、詳細な時期については未定です。また車両価格も発表されていません。

シトロエン・グランドC4スペースツアラー のカタログ情報を見る

【画像】唯一無二のミニバン! シトロエン「グランドC4スペースツアラー」をチェック! (41枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント