マジ「萌えキュン」な小型車「S3」登場!? 50万円以下で買えた「宏光MINIEV」がライバル? 「北京ジープ」と違う「かわいいクルマ」とは

激安EVとして知られる上汽通用五菱「宏光MINIEV」に強力なライバルが現れました。それは北汽製造「S3」ですが、そのルックスはまさに萌えキュンなデザインでした。

宏光MINIEVに強力ライバル現る?

 2020年8月に発売された上汽通用五菱「宏光MINIEV」は50万円以下(当時)という激安価格とで話題となりました。
 
 2021年の累計販売台数は42万6484台を記録し、ランキングではテスラ「モデル3」などを抑えて2位の座に輝いています。(ちなみに1位は日産「シルフィ」)
 
 その凄まじい人気に黙っていられなかったのが、「北京ジープ」でも有名な中国の自動車メーカー「北京汽車」です。

萌えキュン間違いナシ! 北汽製造の「S3」がかわいい!
萌えキュン間違いナシ! 北汽製造の「S3」がかわいい!

 テスラを抑え、2021年の中国でもっとも売れた電気自動車の称号を手に入れた宏光MINIEV。
 もちろんその価格の安さ(登場時約46万5000円)も人気の一因ですが、ここまで価格を下げても犠牲にされていない品質の良さが話題となり、中国に一大ブームを巻き起こしました。

 宏光MINIEVを製造・販売する上汽通用五菱は、上海汽車とアメリカのゼネラルモータース(中国語名:通用汽車)などが設立した合弁会社です。

 上汽通用五菱は、以前から小型バンとしての「宏光」シリーズを販売しており、すでにその時代から人気の車種でした。

 2010年に最初のモデル「宏光」がローンチされて以来、より大型の「宏光S1」や、SUVの「宏光S3」、「宏光PLUS」などの派生車種が展開中。2017年と2018年の2年間は販売台数50万台以上を記録し、小型ミニバン部門のみならず、中国で販売されている全乗用車のなかでも販売台数首位の座に君臨しました。

 その後は台数を減らしながらも、依然として販売好調なミニバンであることは確かであり、2021年では25万5922台を販売し、乗用車年間販売台数ランキングでは9位に位置しています。
 元の車種が培ってきた評判もこの格安EVへの爆発的人気に少なからず影響していることでしょう。

 ウナギのぼりの勢いで超小型EV市場を独占している宏光MINIEVですが、ここにきて新たなライバルが発売を控えていることがわかりました。それが、北京汽車製造廠(BAW)の「S3」です。

 北京「BJ212(通称:北京ジープ)」は、ソ連のGAZ-69という軍用車をベースに1966年から量産が始まりました。

 当時はれっきとした中国人民解放軍向けの軍用車でしたが、1971年からは国外へ民間向けモデルを輸出開始、1987年には当時の「四駆ブーム」にあやかって日本での販売を試みた日本の輸入車販売店が5台ほど試験的に輸入したこともありました。

 北京汽車製造廠の今に至る歴史はあまりにも複雑なので一部割愛しますが、簡単に説明すると、国営メーカーの「北京汽車集団(北汽集団、BAIC)」と、今回取り上げている「北京汽車製造廠(北汽製造、BAW)」はまったくの別会社です。

 どちらも1958年に設立された中国人民解放軍の自動車工場に端を発しており、一時期は両者とも資本関係にありましたが、2016年に北汽集団は保有する北汽製造の株の売却、これを以って北汽製造は国営メーカーの傘から外れることになりました。

 北汽集団は現在国内6位の規模を誇る自動車会社で、積極的に電気自動車の開発をおこなっています。

 一方で、北汽製造は長らくBJ212の近代化改修モデルを販売し続けたり、そのほかのオフロードモデルに注力していたりと、「新能源車(日本語:新エネルギー車)」に関して遅れを取っていた印象でした。それがこのたびようやく本気を出し始めたというわけです。

【画像】日本に来たら「軽自動車」ヤバい? 激カワな「S3」や「宏光MINIEV」を見る(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 近くのスーパー、病院への足。
    片道20km程度なら通勤に使うなら有りだな。
    モチロン別に普通車在っての話しだけど。

  2. 勝手にどんどん画面をだすな。まともにパソコン画面がみれない。いいかげんにしろ!
    停止するための連絡先をメールしなさい。

  3. 勝手にどんどん画面をだすな。まともにパソコン画面がみれない。いいかげんにしろ!!!!
    停止するための連絡先をメールしなさい。