新型レクサス「RZ」登場で四天王対決に?個性豊かなSUVタイプの国産EV 4車種のエクステリアデザインの特徴は

2022年4月20日にオンラインで発表されたレクサスの新型SUV「RZ」は、レクサス初のEV専用車として注目を集めています。同じSUVタイプの国産車EVには、日産「アリア」やトヨタ「bZ4X」、スバル「ソルテラ」が挙げられますが、ユーザーは4車種のデザインについてどう思っているのでしょうか。

レクサス新型「RZ」登場!SNSで4車種を比較する声を集めてみた

 2022年4月20日、レクサスはSUVタイプの新型EV「RZ」のオンライン発表会をおこないました。
 
 同じSUVタイプの国産EVには、トヨタ「bZ4X」やスバル「ソルテラ」、日産「アリア」が挙げられますが、ユーザーは4車種のデザインについてどう思っているのでしょうか。

SUVな国産EV 四天王が勢揃い!
SUVな国産EV 四天王が勢揃い!

レクサス初のEV専用モデルである新型RZは、電動化ビジョン「Lexus Electrified」の起点とされる1台で、発表前から多くの注目を集めていました。

 レクサス公式YouTubeチャンネルにアップされた発表会の動画はおよそ10分間。

 そのなかでは、レクサスインターナショナルプレジデントである佐藤恒治氏は、未来のレクサス電動化について説明し、「バッテリーEVによって、1人ひとりのためのラグジュアリーをつくりだし、お客様に心の豊かさを提供します」と今後の指針を述べました。

 次に、新型RZの開発責任者である渡辺剛氏が登場し、新開発された駆動力システムやプラットフォーム、優れた走行性能についてアピール。「レクサスらしい走りの味づくり」を追求したモデルだと話しました。

 そんな新型RZは、デザインもいままでになく斬新なものとなっており、ボディ全体は「Seamless E-Motion」をコンセプトに、滑らかでシームレスな躍動感を強調したシルエットとされています。

 また、レクサスの象徴ともいえる「スピンドルグリル」は、フロントバンパーと一体型の「スピンドルボディ」へと進化。グリルレスでありながら、これまでのレクサスの“顔”を継承するデザインとされています。

 リアフェンダー周りの造形は、張り出したタイヤの力強さを強調するため、あえてメリハリをつけた造形となっており、高級感のなかにSUVらしい迫力も兼ね備えているのが特徴的です。

 ルーフから延長する形でデザインされたルーフスポイラーは、デザインだけでなく、空力面も追求されたものになっており、走行安定性にも貢献します。

 このように、ボディの随所に特徴を備える新型RZですが、同じSUVタイプの国産EVとしては、日産「アリア」やトヨタ「bZ4X」、スバル「ソルテラ」などがすでに発表・発売されています。

 国産EVを牽引していく存在ともいえる4車種ですが、それぞれのエクステリアデザインはどのようになっているのでしょうか。

 ほか3車種に先駆けて、2021年6月に日本専用特別限定車「limited」を発表したアリアは、フロントグリルに代わって設置されているシールドに、日本の伝統技法のひとつ「組子」をモチーフにしたデザインを採用。

 また、フロント幅全体をのびのびと活用したヘッドライトや、リアにかけて張り出るようにデザインされたボディからは、SUVらしい貫禄が感じ取れます。フェンダーやリアスポイラーはブラックに色分けされ、力強さも表現されています。

 一方のbZ4Xとソルテラは、共同開発されたモデルであるため、ボディ形状などのデザインの大枠は共通したものとなっており、主なデザインの違いは、ヘッドライトやシールドの造形にあります。

 bZ4Xのヘッドライトは、ライト上部がボディ同色となっており、アイラインをつけているかのようなキリッとした形に。グリルレスなフロントフェイスで、カタマリ感が強調されているのも特徴的です。

 ソルテラのヘッドライトは、スバルのシンボルである「コの字型」が継承されており、また「ヘキサゴングリル」は、形はそのままにシールドへと変化。bZ4Xに比べるとやや愛嬌も感じられるフロントフェイスとなっており、伝統的なデザインが継承されていることがわかります。

 また、bZ4Xとソルテラは共通して、ボディラインのメリハリが強く、荒削り感が残る、迫力のあるシルエットになっています。

 では、そんな4車種のデザインについて、ユーザーからはどのような反響が挙げられているのでしょうか。

 SNSでは、「アリアは先進的な感じかな」「ソルテラは北米のSUVっぽいデザイン」「bZ4X実際に見るとテールの内部とかデザインがかなり凝ってた!」「RZはとくにリアのデザインがカッコいい」など、それぞれについて肯定的な意見が多く見られます。

 一方で、「アリアは日本の風靡を感じるし、bZ4Xは近未来感がある。同じ国産車なのにデザイン思想が違っておもしろいな」「うーん、RZこのデザインなら、個人的にはbZ4Xかソルテラが買いだな」「正直bZ4Xの方がRZよりデザインにまとまりがある」「アリアはBEV感があるけど、bZ4Xはガソリン車っぽいかも」など、それぞれを比較する声も少なくありません。

 総体的に見て、アリアのデザインについては「近未来的」「先進的」「BEVらしい」など、次世代のモデルとして「新しさ」を感じている人が多い様子がうかがえます。

 また、bZ4Xやソルテラについては、「ガソリン車の面影を残している」といった内容の投稿が見られ、親しみやすい一方でアリアほどの先進性は感じられないようです。

 さらに、RZは、デザインが斬新なものになっているため、人によって好き嫌いが大きく分かれるようで、賛否両論の意見が見られます。

※ ※ ※

 アリア以外の3車種については、ユーザーの手に届き始めるまでまだ時間がかかるものと見られ、bZ4X/ソルテラは2022年5月12日発売、RZについては2022年後半とアナウンスされています。

 まだ情報量も少ない4車種であるため、今後、実際にディーラーや街中などで見かける機会が増えることで、ユーザーのイメージも大きく変化していきそうです。

【画像】SUVな国産EV4車種揃い踏み!各車どんな特徴がある?(全34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント