「高級SUV」の中身をお披露目! 「内外装めちゃ豪華!」 マツダの新型SUV「CX-60」量産開始へ

2022年3月7日に世界初公開されて以来大きな話題となっているマツダ新型「CX-60」の生産が本格的にスタートしました。ラインオフセレモニーや生産ラインの様子が公開されています。

話題のマツダ新型「CX-60」ついに生産開始!

 2022年4月18日、マツダは新型「CX-60」の「量産開始(ラインオフ)セレモニー」が実施された様子を公開しました。

 量産開始セレモニーでは、ソウルレッドクリスタルメタリックの左ハンドル仕様が壇上に登場。

 マツダの丸本明社長が生産スタッフの前で「激励の言葉」を述べる様子や、スタッフ全員が一致団結して新型CX-60の生産に意気込む模様が公開されています。

マツダ新型「CX-60」の生産がついに開始!
マツダ新型「CX-60」の生産がついに開始!

 新型CX-60は、マツダがビジネスおよびブランドの成長を図っていくためのラージ商品群の第1弾モデルとして登場したクロスオーバーSUVです。

 今後2023年までに「CX-70」「CX-80」「CX-90」が続々と投入される予定で、新型CX-60の日本仕様の販売開始は今年初秋を予定です。

 新型CX-60の日本仕様のボディサイズは全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm、2列シート5人乗りとなっています。

 エンジンはいずれも縦置きで、ガソリンエンジンは2.5リッター直列4気筒の「SKYACTIV-G 2.5」、このエンジンに電動モーターを組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステムの「e-SKYACTIV PHEV」。

 またディーゼルエンジンは3.3リッター直列6気筒「SKYACTIV-D 3.3」、このエンジンに電動化技術 M HYBRID BOOST (48Vマイルドハイブリッド)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」、計4種類を用意。

 トランスミッションは新開発のトルコンレス8速ATがこれらの各エンジンに組み合わされます。

 今回、山口県防府市のマツダ防府第2工場で新型CX-60が生産される現場の写真や映像も公開されました。

 映像では、左ハンドル用の内装を組み付ける様子や、PHEV用のリチウムイオン電池パックが工場内をオートメーションで運ばれ車両のフロア下部に搭載される場面、塗装を終えたボディに縦置きエンジンやトランスミッションなどの駆動系、サスペンションやマフラーなどが組み付けられている模様が確認できます。

 また新型CX-60の前後では「CX-5」や「MAZDA6」なども一緒に生産が進められており、新型CX-60が専用ラインではなく他車種と合わせた混流生産ラインで製造されている様子が伺えます。

【画像】何が「高級」なの?気になる「中身」がまる見えに!マツダ新型「CX-60」の工場生産ラインの写真をもっと見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント