「漆塗り」さらに「金箔」まで! 光沢スゴい特別な「ロデム」の“京都仕様”初公開! 朱色・黒の2仕様を発表

パーソナルモビリティ「RODEM」の特別モデルが誕生。漆と金箔、螺鈿、金蒔絵を施した特別仕様になっています。

黒もしくは朱色の漆が施されたボディが特徴

 サービスロボットの開発・製造・販売をおこなっている「テムザック」が、パーソナルモビリティ「RODEM(ロデム)」の特別モデルを発表しました。外装に漆塗りが施され、古都の街並みにも似合うモデルとなっていますが、どのような乗り物なのでしょうか。

「RODEM(ロデム)」漆塗り特別モデル
「RODEM(ロデム)」漆塗り特別モデル

 同社は、2000年に福岡で創業。2016年に研究所を京都・西陣に開所したことをきっかけに、2021年に本店を京都に移転しました。

 京都の伝統工芸技術に触れ、ロボットとのコラボレーションを考えるなか、京都市から提案を受け、京都の老舗漆企業「佐藤喜代松商店」と協業。RODEM漆塗り特別モデルが誕生したということです。

 特別モデルでは、ボディに黒あるいは朱色の漆と金箔、螺鈿(アワビ)、金蒔絵を施して、高い光沢感・透明感のある外観を実現。

 なお、用いられている漆「黎明」は佐藤喜代松商店と(地独)京都市産業技術研究所が共同開発した精製方法「薄膜旋回分散法」を用いた新規分散生漆で、RODEMのボディを美しく彩っています。

※ ※ ※

 RODEMは、気軽に移動できるユニバーサルデザインのモビリティで、電動車いす(最高時速6km・運転免許不要)とミニカー(最高時速12km・要運転免許)の2種類が存在。

 走行時の目線が高く、歩行者と同じ目線で会話することが可能で、乗車したまま観光ができたり、カウンターなどでのやり取りもできます。

 観光案内、多言語翻訳、経路案内などのアプリケーションを搭載し、街中でシェアリングすることで、駅や駐車場から目的地までの移動、過疎地域の交通手段、観光地での移動などでの活用を目指しているということです。

【画像】光沢感がスゴい! 「漆塗り」さらに「金箔」施した「ロデム」漆塗り特別モデルの姿とは? 画像で見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント