ホンダが新型「シティ e:HEV」を連投!? 印仕様を初公開! 事前予約も開始

インド市場に、ホンダのハイブリッド小型セダン 新型「シティ e:HEV」が投入されます。シティという車種名は、日本ではかつて生産されていた3ドアハッチバックが有名ですが、いったいどんなクルマなのでしょうか。

ハイブリッド仕様をインドに投入

 ホンダのインド法人(ホンダカーズインディア・リミテッド)は、2022年4月14日(現地時間)に新型「シティ e:HEV」(インド仕様)を初公開しました。

 現地で販売される小型セダン「シティ」にハイブリッド仕様が登場しますが、どのようなクルマなのでしょうか。

インド仕様が発表されたホンダ新型「シティ e:HEV」
インド仕様が発表されたホンダ新型「シティ e:HEV」

 シティは、日本では1994年まで生産されていた3ドアハッチバックとして知られていますが、1996年に海外向けの小型セダンとして車名が復活。

 その後、海外向けセダンとして5代目のシティが2019年11月25日にタイで発表された後、アジアの各市場で販売を開始。ハイブリッド仕様もマレーシアを皮切りに販売開始されてきました。

 インド市場において5代目のシティは、これまで1.5リッターエンジン(ガソリン/ディーゼル)搭載車のみラインナップされてきたものの、今回1.5リッターガソリン+2モーターのハイブリッド仕様を同市場向けに投入。

 東南アジア向けのシティに見られる「RS」グレードは設定されない模様です。

 ホンダのインド法人は、新型シティ e:HEVの事前予約を開始しています。

ホンダ・シティ のカタログ情報を見る

【画像】ホンダが新型「シティ e:HEV」を連投!? 新型モデルを画像で見る(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント