ホンダ次期「NSX」投入!? 電動スポーツを2車種投入へ 軽EVも100万円台で計画

2022年4月12日にホンダは「四輪電動ビジネスの取り組みについて」の取り組みを発表しました。

 ホンダは2022年4月12日に「四輪電動ビジネスの取り組みについて」の取り組みを発表しました。
 
 そのなかで、日本のEV戦略やスポーツモデルにも言及しています。

ホンダが投入を名言したスペシャリティとフラッグシップというふたつのスポーツモデル。そのうちの1台は次期NSXか?
ホンダが投入を名言したスペシャリティとフラッグシップというふたつのスポーツモデル。そのうちの1台は次期NSXか?

 ホンダは、各市場におけるEV展開について、現在から2020年代後半までに主要地域ごとの市場特性に合わせた商品の投入すると明かしています。

 北米市場にGMと共同開発の中大型クラスEVを2024年に2機種投入(Hondaブランド:新型SUV「プロローグ」、Acuraブランド:SUVタイプ)。中国市場では、2027年までに10機種のEVを投入を予定しています。

 その一方で日本市場では、2024年前半に商用の軽EVを100万円台で投入。その後パーソナル向けの軽EV、SUVタイプのEVを適時投入予定です。

 また、2020年代後半以降のEV普及期としてグローバル視点でベストなEVを展開するとしており、EVのハードウェアとソフトウェアの各プラットフォームを組み合わせたEV向けプラットフォーム「Honda e:アーキテクチャー」を採用した商品を2026年から投入を予定しています。

 また、北米GMとのアライアンスを通じて、コストや航続距離などで従来のガソリン車と同等レベルの競争力を持つ量販価格帯のEVを展開。

 2027年以降には北米から投入するなどをして、ホンダのEV戦略は2030年までに軽商用からフラッグシップクラスまで、グローバルで30機種を展開し年間生産は200万台を超える計画としています。

 そのほか、ホンダのスポーツモデルに関して、「スペシャリティ」と「フラッグシップ」というふたつのスポーツモデルをグローバルへ投入していくことを名言。

 ホンダはスポーツモデルに対してホンダは「カーボンニュートラルや電動化に挑むなかでも、常にFUNもお客さまに届けていきたいという想いから、操る喜びを電動化時代にも継承し、ホンダ不変のスポーツマインドや、際立つ個性を体現するようなスペシャリティとフラッグシップをグローバルへ投入していきます」と説明しています。

 なお、質疑応答にてホンダの三部敏宏社長は「ふたつのスポーツモデルは電動車となり、日本も含めたグローバル展開を予定しています。発売は2020年代半ばを目指して現在開発中です。電動化時代でもホンダならではの特徴のある商品にしていきたいと思いますので、ご期待ください」とコメントしています。

ホンダ・NSX のカタログ情報を見る

【画像】これが次期「NSX」なのか? 新たな「スペシャリティ」と「フラッグシップ」とはどんなモデル?(43枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント