タフ顔強調の5m級日産新型SUV「パスファインダー ロッククリーク」発表! ゴツタイヤで武装 2022年内に米で発売

米国日産が、大型SUV「パスファインダー」の新仕様「ロッククリーク」を年内に発売します。どのような仕様なのでしょうか。

ダーク仕様のVモーショングリルを装備

 米国日産が、2022年4月11日(現地時間)に大型SUV「パスファインダー」の新仕様「ロッククリーク」を発表、4月13日に開幕する二ューヨークモーターショー2022で初公開すると発表しました。

日産 新型「パスファインダー」
日産 新型「パスファインダー」

 現行モデルのパスファインダー(5代目)は、米国では2021年6月に発売されたモデルです。

 ボディサイズは全長5004mm×全幅1978mm×全高1810mm。エンジンは3.5リッターV型6気筒直噴エンジンを搭載します。

 今回発表された「ロッククリーク」は、リフトアップされたオフロード仕様のサスペンションや、オールテレインタイヤを装着した18インチホイール、約100kgの荷重に耐えるルーフラックなどを採用し、より迫力あるスタイルを獲得。

 日産車のファミリーフェイス「Vモーショングリル」もダークカラーの専用品になるなど、差別化されました。

 2列目シートにはキャプテンシートが採用されたほか、オレンジのステッチが随所に配された専用の内装で、アクティブな雰囲気が演出されています。

 米国日産でマーケティングおよびセールス担当シニアバイスプレジデントを務めるマイク・コレラン氏は「素晴らしいアウトドア体験に対して、日産の開発チームは激しい情熱を持っています」と意気込みつつ、「より遠くまで行くことができる(ロッククリークのような)モデルを導入することで、キャンプ、釣り、ハイキング、マウンテンバイクなど、アウトドアレクリエーションへの門戸を開いていきたいです」と語っています。

 パスファイダー ロッククリークは、2022年後半に発売される予定です。

【画像】ゴツすぎ注意! 日産 新型SUV「パスファインダー ロッククリーク」迫力スタイルがカッコいい 画像で見る(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. かっこいい
    日本で販売してけろ!
    日産は海外モデルがかっこいいのを何とかしてほしいw

  2. 真ん中にアンテナ付けたら…アンコウだよね
    アンコウかっこいい!あんこうカッコいい!!