「高級感スゴすぎ!?」マツダ新型高級SUV「CX-60」今秋発売を前に熱視線!? 直6搭載で走りも期待大?

マツダは新型「CX-60」の日本仕様について、2022年初秋の発売を予定しているとアナウンスしています。どのような仕様が設定されるのでしょうか。

直列6気筒ディーゼル仕様も設定

 マツダは新型「CX-60」の日本仕様を2022年4月7日に公開し、同年初秋の発売を予定していると明らかにしています。

 パワーユニットは、プラグインハイブリッドを含む全4種類を設定。プラグインハイブリッドが搭載される国産SUVとしては5車種目となりますが、果たして新型CX-60はどのようなSUVとして日本市場に導入されるのでしょうか。

マツダ新型「CX-60」(日本仕様)
マツダ新型「CX-60」(日本仕様)

 新型CX-60のボディサイズは全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm。同社の2列シートSUVのなかではもっとも大柄なボディサイズとなります。

 外観は、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のさらなる進化に挑戦。タフさと緻密さを併せ持つデザインを、その骨格や空間構成から表現しています。

 内装は、上位グレードに設定されるカラーデザインとして「プレミアムスポーツ」と「プレミアムモダン」を設定。

「プレミアムスポーツ」では、タン(淡い茶色)とブラックの2トーンイメージを採用し、高級スポーツカーのような華やかさが感じられます。スウェード素材もふんだんに取り入れられたことで、濃厚な上質さが表現されました。

 一方「プレミアムモダン」では、日本の伝統でもある織物を取り入れ、さまざまな表情を見せる糸を織り込むことで上質感だけでなく柔らかい雰囲気も醸し出されています。

 インパネ中央には横長なディスプレイも配され、高級感や先進性も強調されています。

 搭載されるパワーユニットとしては、2.5リッターガソリンとモーターで構成されるプラグインハイブリッド「e-SKYACTIV PHEV」のほかに、直列6気筒ディーゼル+48Vマイルドハイブリッドの「e-SKYACTIV D」、直列6気筒ディーゼル「SKYACTIV-D 3.3」、2.5リッターガソリン「SKYACTIV-G 2.5」を設定。

 トランスミッションは新開発のトルコンレス8速ATが搭載されるということです。

 また大型車・高級車で採用例の多いエンジン縦置き方式・後輪駆動プラットフォームを採用(駆動方式は後輪駆動ベースの4WD)。優れた走行性能にも期待が高まります。

 同社のラージ商品群の第一弾となる新型CX-60ですが、SNSでは「高級感がすごい」「内装の質感が輸入車みたい」と、発売を前にユーザーから熱い注目を集めています。

 それではここでクイズです。

 前述のとおり、新型CX-60は国産モデルで5車種目となるプラグインハイブリッドシステムを搭載したSUVとなりますが、SUVで初めてプラグインハイブリッドを搭載した国産モデルは次のうちどれでしょうか。

【1】三菱「アウトランダー」

【2】マツダ「CX-5」

【3】トヨタ「ランドクルーザープラド」

【4】日産「エクストレイル」

※ ※ ※

 正解は【1】の三菱「アウトランダー」です。

 アウトランダーのプラグインハイブリッド車(アウトランダーPHEV)は、2013年1月に発売されました。当時、三菱は「SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車」であると謳っています。

 2022年4月時点で販売されているプラグインハイブリッドシステムを搭載した国産SUVとしては、アウトランダーPHEVのほかにトヨタ「RAV4 PHV」、レクサス「NX450h+」、三菱「エクリプスクロスPHEV」が存在します。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

【画像】高級感スゴいじゃん! マツダ新型高級SUV「CX-60」今秋発売! 公開された実車を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント