「高級SUV」日本初公開! 「内装が豪華過ぎる!」 国産SUVでは敵なし? マツダ新型「CX-60」の反響は?

マツダは 2022年4月7日に新型クロスオーバーSUV「CX-60」をジャパンプレミアしました。SNSではどのような意見が挙げられているのでしょうか。

お披露目されたマツダ「CX-60」ユーザーの声は…

 2022年4月7日に新世代ラージ商品群の第一弾として、マツダが新型クロスオーバーSUVの新型「CX-60」のジャパンプレミアしました。
 
 ユーザーからは、どのような声が挙げられているのでしょうか。

ついにマツダの高級SUV新型「CX-60」が日本でお披露目された
ついにマツダの高級SUV新型「CX-60」が日本でお披露目された

 新型CX-60は日本での販売開始は2022年初秋を予定しており、公表後のSNSでは「CX-60めちゃくちゃかっこいい」「高級感カチ上がってる」「実写見れるのが待ち遠しい」など、CX-60に対する期待の声が多く挙げられています。

 時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕を持って運転を愉しめる「ドライビングエンターテイメントSUV」をコンセプトとした2列シートミッドサイズSUVの新型CX-60。

 CX-60のパワートレインは、「e-SKYACTIV PHEV」「e-SKYACTIV D」「SKYACTIV-D 3.3」「SKYACTIV-G 2.5」の4種類。

 なかでも、直列4気筒ガソリンエンジンにストロングハイブリッドを組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」や、排気量アップによる高出力化とクリーンな排ガス性能を同時に実現した直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」には多くの注目が集まっています。

 さらに、これらの幅広くラインナップされているエンジンに、ダイレクト感と伝達効率に優れる新開発のトルコンレス8速ATを組み合わせ、優れた環境性能とユーザーの期待に応える走りの両立を実現。

 このようなパワートレイン設定について、SNSでは「直列6気筒エンジン搭載のFRベースモデルということで、期待が高まる」「CX-60のエンジン音めっちゃいい」「今のご時世で直6気筒エンジン これは夢か?」といった、多くの人が興奮を抑えられない様子が見てとれます。

 昨今では、電動化が加速するなかで、3.3リッター直列6気筒という大排気量のエンジンを搭載するマツダの心意気に、多くのユーザーが感動している様子がうかがえます。

 一方で、エクステリアやインテリアに対する声には「インテリアは国内メーカーでもはや敵なしなのでは?パノラマルーフも良い」「内装タンレザーの外装プラチナクウォーツ個人的に刺さる」「CX-60の外装、海外っぽい感じがする」など、さまざまな意見が飛び交っており、とくに、インテリアに対して好印象を抱くユーザーが多いようです。

 そんな新型CX-60のボディサイズは全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mmとなっており、エクステリアは、「引き算の美」という考えのもと、余分な要素が削ぎ落とされており、周囲の風景を美しく映しこむ一種のアート作品のようなデザインです。

 日本の伝統美から着想を得たデザインにより、繊細でありながらも力強いエクステリアとなっています。

 さらに多くの人が期待を寄せるインテリアは、上位機種である「プレミアムモダン」と「プレミアムスポーツ」でデザインが少し異なります。

「プレミアムモダン」では、「間」の原理を採用し、日中の光と影だけでなく、季節の移り変わりによる光の変化も考慮し、日本の伝統である「織物」を採用しています。

 一方で「プレミアムスポーツ」では、上質なスポーツカーのような質感、大胆さを実現するためにタン色とブラックの2トーンイメージが特徴的です。

 SNSでは、「プレミアムモダンの白内装が好み」「個人的にプレミアムスポーツのタンカラーめちゃくちゃ刺さる」などの声が見られ、ユーザーの好みによって選択できるのも魅力のひとつといえそうです。

※ ※ ※

 ジャパンプレミアにより、日本人の関心が大きく高まった新型CX-60。

 価格などの詳細はまだ発表されていないため、今後のさらなる新型CX-60の動きに期待が高まります。

【画像】走っている姿はまさに高級SUV! 評価高そうな新型CX60を見る!(44枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60の上級内装「プレミアムスポーツ」
マツダ 新型CX-60の上級内装「プレミアムスポーツ」
マツダ 新型CX-60

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. >直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術「48Vマイルドハイブリッド」を組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」
    ここ、間違ってます。
    直6ディーゼル+マイルドハイブリッドは「e-SKYACTIV D」です。
    「e-SKYACTIV PHEV」は直4ガソリン+1モーターのストロングハイブリッドで、ディーゼルではないですよ。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. マツダじゃあ売れないでしょう

    • アンチマツダの人ってなぜわざわざマツダのニュース読みに来るんだろう。
      DOS/Vな人がMacのニュースわざわざ読んで批判しにきてるのと似てる。悲しいな。