「トヨタの模試」もしも模試が出題開始!? 「正しい行動」きちんと取れる? 防災力アップする問題とは

トヨタの公式LINEアカウント「防災給電サポーター」が、防災クイズ広告「もしも模試」の掲出をスタートしました。

トヨタが“防災クイズ”をショッピングセンターに広告掲出

 トヨタの公式LINEアカウント「防災給電サポーター」が、イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区)のエレベーターとフードコートの飛沫感染予防アクリル板に、防災クイズ広告「もしも模試」の掲出を始めました。

洪水でクルマごと水没した際などに正しい行動を取るには?(画像はイメージ)
洪水でクルマごと水没した際などに正しい行動を取るには?(画像はイメージ)

 防災給電サポーターは、無料で役立つ防災情報を発信しているLINEアカウントです。「友だち追加」すると防災情報が送られてきます。

 クイズ広告は、「もしもの時の正しい行動を考えるクイズ」がテーマで、普段の防災力を高める狙いで実施。

 駐車場直結のエレベーターでは「洪水でクルマごと水没。真っ先にとるべき、ある行動とは?」といった運転に関するクイズや、フードコートでは「路面凍結時に要注意なのは、トンネルのどのあたり?」などの家族で盛り上がる問題を出題しています。

 この広告は、近年、台風や大雨で災害被害が続いた千葉県で実施することで、ひとりでも多くの人に防災についての意識を高め、正しい情報を得ることで被害を最小限にくい止めることを目指したということです。掲出は2022年5月8日までです。

【画像】トヨタが「もしも模試」出題! 実際に出題している様子などを画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント