フィアット新型「500e」日本上陸! 最新型チンクエチェントは電気自動車になって登場

フィアット新型「500e」が日本にやってきました。「e」の名のとおり、内燃機関モデルはなくすべて電気自動車(EV)になっています。

基本的にリース販売が前提

 ステランティスジャパンは2022年4月5日、FIAT(フィアット)ブランド初の純電気自動車(BEV)となる「フィアット500e」を発表、同年6月25日より販売するとアナウンスされました。

フィアット新型「500e」
フィアット新型「500e」

 先代となるフィアット500は2007年に世界初公開した、500という車名のモデルとしては3代目にあたるモデルです。

 日本でも2008年3月に登場以来10年以上にわたり人気を博したAセグメント・コンパクトモデルになります。とくに2010年に0.9リッター直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」を導入してからはその人気に拍車がかかり、毎年さまざまな特別仕様車や限定車が設定されました。

 ステランティスジャパンのポンタス・ヘグストロム社長によると、2021年はフィアット500導入13年目で過去最高となる4858台を販売したといいます。これは年間4000台以上を12年間継続したことになります。

 2021年はこの500が牽引したことにより、フィアットは対前年比プラス19%の6995台を販売、史上最高を記録しています。

 今回登場した新型500eは、全長3630mm×全幅1685mm×全高1530mmというサイズのモデルで、エクステリアデザインは従来の500のイメージを踏襲しながら完全な新設計となります。

 ICE(内燃機関)モデルは設定されず、すべてBEVとなり、パワーユニットは118馬力・220Nmを発生する電気モーターを搭載し、フロントを駆動します。また42kWh容量のリチウムイオンバッテリーを床下に配置、低重心化と最適な重量バランスを実現するとともに、最大335km(WLTC)の航続可能距離を達成しています。充電は200Vの普通充電と、付属のCHAdeMOアダプターを介した急速充電に対応します。

 ボディバリエーションは、3ドアハッチバックと電動開閉式ソフトトップを備えたカブリオレの2種類が設定されました。

 モデルは3つ。エントリーモデルで受注生産の「Pop」、レザーシートやアダプティブクルーズコントロールなどの上級装備を備えた「Icon」、そしてIconと同様の装備を持つカブリオレモデル「Open」となります。消費税込みの車両価格は、「500e Pop」が450万円、「500e Icon」が485万円、「500e Open」が495万円です。

 500eは3種類の運転モードの選択が可能なe-モードセレクターを備えています。「NORMAL」ではペダル応答性が高く、エンジン車のようなドライブ感覚を楽しめ、「RANGE」では回生ブレーキの効きが強まりアクセルペダルを離しただけでブレーキを掛けたような強い減速が得られ、「SHERPA」はアクセルレスポンスの制御やシートヒーターのオフなどによりエネルギーを抑え、航続寄りを最大化するエコモードになります。

 500eはイタリア車らしく車両接近通知装置(AVAS)にもこだわっているといいます。イタリア人作曲家ニーノ・ロータ氏によるメロディを乗せたオリジナルのサウンドを採用し、車両の接近をメロディで周知します。

※ ※ ※

 500eの販売は、新たなサブスクリプション型カーリース「フィアット・エコプラン」およびすでに提供中の「パケット・フィアット」のみを前提としているといいます。

 どちらのプランもともに頭金や複雑なEV補助金申請、税金の支払いや契約期間中の整備点検費用が必要なく、月々の定額利用料で乗ることができるプログラムです。
 
 消費税込みの月額利用料として、500e Popの場合、サブスクリプション型のフィアット・エコプランで5万3900円(ボーナス払い10回11万円)、パケット・フィアットで3万4000円(ボーナス払い10回11万円)となります。契約終了後は車両を返却します。

フィアット・500 のカタログ情報を見る

【画像】チンクエチェントがEVに!? フィアット新型「500e」を画像でチェック(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント