カローラの「C」エンブレム消滅!? テンロクターボ搭載トヨタ新型「GRカローラ」はベース車の面影ある?

ベースのカローラスポーツの面影は?

 ボディサイズも大きく違います。カローラスポーツは全長4375mm×全幅1790mm×全高1460(2WD)/1490mm(4WD)ですが、GRカローラは全長4410mm×全幅1850mm×全高1480mmと全長と全幅が拡大されました。

 具体的には、フロントフェンダー片側20mm、リアフェンダー片側30mm拡大し、野性味のある走りを予感させるワイドなスタンスを実現。

5ドアで実用性も確保した新型GRカローラ
5ドアで実用性も確保した新型GRカローラ

 さらに両車2640mmというロングホイールベースによる優れた走行安定性はそのままに、フロントを60mm、リアを85mmワイドトレッド化することで高速旋回性能を高めました。

 外観のデザインも異なり、日本仕様のカローラシリーズの「C」をデザインしたエンブレムは新型GRカローラでは通常のトヨタエンブレムを装着。

 GRブランドのモデルに共通する大開口の「ファンクショナルマトリクスグリル」により、過激でスポーティなデザインとラジエーターの冷却性能を最大限に生かす機能性を両立しました。

 サーキットやダート、雪道などにおける冷却性能や空力性能を向上させるため、フロントバンパーにインテーク、フロントフェンダーとフードバルジにアウトレットを設けています。

 リアは高い位置にリアスポイラーを装着。エアベントを備えたリアロアバンパーカバーを採用するなど、スポーティスタイルを実現しました。

 内装はカローラスポーツと新型GRカローラで基本的なデザインは共通です。

 一方で新型GRカローラはショートストロークの6速iMTのみの設定となり(カローラスポーツはCVTと6速iMT)、ステアリングから自然に腕を下した位置に配置することで素早いシフト操作を可能にしました。

 また、ドリフト走行など限界域での車両コントロールすることを想定し、手引き式パーキングブレーキを採用しました(カローラスポーツのパーキングブレーキは電子式)。

 ほかにも、新型GRカローラは専用に開発したFull TFTメーターを新規採用。レーシングカーをお手本にプロドライバーの意見を取り入れ、スポーツ走行時の視認性を高めました。

※ ※ ※

 新型GRカローラは早くも話題となっており、SNSでは「カッコいい!」「3本マフラーにしびれる」「日本車で久しぶりに本気で欲しいって思えた」など大きな反響を得ています。

 なお、カローラスポーツと同じく5ドアハッチバックで5人乗りという点に違いはなく、スポーツ性と実用性も兼ね備えた新型GRカローラの登場に期待を寄せる人も多いようです。

トヨタ・カローラスポーツ のカタログ情報を見る

【画像】オマエ、ホントにカローラか!? 3本出しマフラー&エアロが過激な新型GRカローラ爆誕!(43枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. そもそも普通のカローラでも北米仕様はトヨタマークなんだが
    少し調べたらわかるだろ

  2. アメリカには衝突軽減装置の義務化は無いですけど💦
    日本では既に非装着車の認可は締め切られてますから
    実質MT車の新車は出せないよねぇ💦
    S4stiと同じ様にCVTのみで出だすんかなぁ⁉️