「中まで見放題」 美女推しのスバル新型SUV「ソルテラ」に熱視線!? 「発売はそろそろ?」アウトドア想定して展示へ

2022年4月上旬に開催された「アウトドアデイジャパン東京2022」。スバルは新型SUV「ソルテラ」を展示しました。

ソルテラのアウトドアでの活躍を早く見たい

 キャンプやアウトドアに必要なグッズやギア、アウトドアでの楽しみ方などを見て・触れて・魅力を体験できるイベントとして2011年より開催されている、アウトドアデイジャパン東京2022が、代々木公園イベント広場で4月2・3日で開催されました。
 
 アウトドアには欠かせないツールのひとつである自動車メーカーも出展。スバルは近々発売予定の「ソルテラ」を中心に「アウトバック」や「フォレスター」、「XV」を展示しました。

アウトドアイベントに展示された新型「ソルテラ」 ユーザーは興味津々の様子
アウトドアイベントに展示された新型「ソルテラ」 ユーザーは興味津々の様子

 アニメや漫画、芸能人のアウトドアブームから盛り上がりを見せるキャンプやアウトドアブーム。

 昨今のコロナ禍で密にならないアクティビティとして、また巣ごもりからの脱却もありアウトドアブームはまだまだ続きそうです。

 そんなこともあってか、アウトドアデイジャパン東京2022も盛り上がりを見せていました。3日はあいにくの雨が降ってしまいましたが、多くの来場者がいろんなブースを見ていました。

 そうしたなかで、キャンプといえばやはりクルマがあったほうが便利なのはまちがいありません。

 スバルは、SUVやワゴンなどを出展しましたがメインは発売予定のソルテラです。

 フォレスターより少し背が低いけれども、最低地上高は210mmとラフロードも難なく走れるスペックを持っています。

 さらに、スバルが得意とするAWDシステムを持ち、X-MODEとGrip Controlを備えておりどんな道でもガンガン走ってくれそうです。

 ソルテラはこの冬に雪道での試乗会をおこなったことで、雪道も問題なく走れる実力を持っていることも明らかにしてくれました。ラフロードでの走りにも期待ができます。

 アウトドアデイジャパンにおいても注目度は高く、アウトドアに行く、行きたい人が集まるイベントだけあり、会場で来場者をアテンドしていたスバルスターズの岡野式葉さんは次のように答えてくれました。

「ラゲッジの収納スペースに関する質問やルーフにキャリアは積めるのかといった質問が多く聞かれました。また充電や走行距離などについても多く聞かれることもありました」

 会場には普段東京恵比寿にある、スバル本社ショールームのスバルスタースクエアで、来場者のアテンドをおこなうスバルスターズから、前出の岡野式葉さんと佐藤あかりさんの二人が来ており来場者からの質問にも答えている光景が見られてました。

 ちなみに、「アウトドアのこのシーンにはどのクルマが良いか」をお伺いしたところ、佐藤さんは「知り合いに釣り好きな女子がいて、私も憧れるのですが、釣りが好きな人だと釣竿や濡れた道具を入れるのに便利な撥水加工がされた、フォレスターの荷室はとても使い勝手が良いと思います。私も釣りに行きたいのでフォレスターのX-BREAKはとてもおススメだと思います」と、答えてくれました。

 一方の岡野さんは「私は趣味が乗馬で馬に乗るのが好きでして、乗馬グッズは結構大きく荷物も多くあります。そんな荷物を入れても安心ですし、地球環境が問題となっている昨今、動物にも人間にも優しいと思われるBEVのソルテラを推したいと思います」と答えてくれました。

 会場では、スーリー製のルーフテントを装備したアウトバック、同じくスーリー製のバスケットを装備したフォレスター X-BREAK、スーリー製ルーフボックスを装備したXVを展示。

 実際に車両に座ったり、バスケットやルーフボックス、ラゲッジスペースにキャンプやアウトドアグッズを積み込んでの積載イメージが確認できる展示となっていました。

 またソルテラとほかの車両とを撮った写真をSNSに「#SUBARUSUV」を付けて投稿すると、オリジナルのバスタオルがもらえるキャンペーンも実施。

 春から初夏に向けてアウトドアに出向くことが多くなるシーズンが間近となっており、各地のキャンプ場などでスバル車が多く活躍しているのが目に浮かびます。

【画像】スバル美女がオススメ! 新型「ソルテラ」は何が良い? 実車でその様子を見る!(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント