ガチキャンプ仕様のスズキ新型「キャリイ」登場!? 軽の枠超えた巨大ボディで車中泊も可! 泰で公開

スズキ「キャリイ」(海外仕様)ベースのキャンピングカーがタイのモーターショーで公開されました。ウッドラックやベッドを備え、快適な車中泊を実現します。

快適なキャンプを実現する「キャリイ」をタイで公開

 スズキのタイ法人が、小型トラック「キャリイ」の現地仕様をベースにしたキャンピングカー「キャリイ キャンピネス」を開発し、現地で販売すると2022年4月18日に発表しました。

 同車は、2022年3月22日から4月3日まで開催された「バンコク国際モーターショー2022」にも出展されていました。

スズキ「キャリイ」(海外仕様)ベースのキャンピングカー
スズキ「キャリイ」(海外仕様)ベースのキャンピングカー

 海外仕様のキャリイは、“軽トラ”と呼ばれる日本仕様と異なり、ボディが拡大されて1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載しています。

 ボディサイズは全長4195mm×全幅1765mm×全長1910mmで、荷台の大きさは長さ2450mm×幅1670mm。最大945kgの荷物を運ぶことができます(いずれもタイ仕様)。

 タイでは38万5000バーツ(約146万円、1バーツ3.8円で計算)で販売されています。

 このタイ仕様のキャリイをベースにキャンピングカー仕様としたキャリイ キャンピネスは、荷台部分を、ウッドラックやベッドなどを設置したキャビンに換装。

 エントランスは、左側とバックドア部分の両方にある作りになっています。また、ルーフ部分に上れるハシゴも付属しています。

 フロントにはカンガルーバンパーが装着され、迫力ある顔つきが表現されました。

※ ※ ※

 スズキのタイ法人はキャリイ キャンピネスの販売にあたり、現地の金融機関と連携した特別キャンペーンを実施。

 参考価格として、車両と別に装備費・改造費が15万バーツ(約57万円)かかった仕様を購入する場合、月額7777バーツ(約3万円)の分割払いで購入できるとアナウンスしています。

 ただし、キャリイ キャンピネスの装備費・改造費はユーザーの希望する仕様によって異なるということです。

スズキ・キャリイ のカタログ情報を見る

【画像】デカ! スズキ新型「キャリイ」ガチキャンプ仕様公開! 軽の枠超えた独自ボディの姿とは? 画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 日本だと8ナンバーでも無理な車高。
    一旦降ろせる仕組みになってるなら車と言うより箱が素晴らしいのでは?

    • 普通8ナンバーならいけるよ。
      実際軽のサイズ超える奴は普通8ナンバーで登録してるし。
      そもそも海外版のキャリイトラックは660ccじゃない。

  2. タイに移住して25年です。
    以前、会社でこのキャリートラック?を購入しましたが、足周りが弱くてすぐダメになりました。タイ人にも不人気です。