ランクルの強敵!? 5m超の爆速SUV 日産「パトロールNISMO」がスゴかった! ワイルド系やゴージャス系も魅力的!

日産が海外で販売するオフロードSUVに「パトロール」があります。なかでも中東ではさまざまなバリエーションが展開されているのですが、どのようなモデルなのでしょうか。

かつて日本で「サファリ」として販売されていた「パトロール」

 2021年8月に14年ぶりにフルモデルチェンジして登場したトヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」。予約が殺到したことや世界的な半導体不足のため、納車されるのに4年かかるといわれています。

 ラダーフレーム採用のオフロードSUVとして卓越した走破性を誇るランクルですが、日産もかつてオフロードSUVの「サファリ」を販売していました。

どんな悪路でも走破できる日産「パトロール」
どんな悪路でも走破できる日産「パトロール」

 サファリの国内販売は2007年に終了。現在は「パトロール」として海外で販売が続けられています。

 なかでも砂漠が広がる中東ではオフロードSUVの人気が高く、パトロールのほかに「パトロールスーパーサファリ」なるモデルも用意され、さまざまなバリエーションが存在しています。

 パトロールおよびパトロールスーパーサファリとはどのようなモデルなのでしょうか。

 パトロールは、1951年のデビュー以来世界中で販売されている日産のSUVです。

 とくに、中東では耐久性や信頼性のほか、プレミアムなデザインや悪路走破性の高さが好評だといいます。

 現行モデルのパトロールは2010年にデビューした6代目。全長(フック込み)5315mm×全幅1995mm×全高1940mm、最低地上高273mmと、ランクルよりも大きなボディを持ちます。

 外観は、フロントデザインに「Vモーショングリル」を採用。ブーメラン型のLEDヘッドライトも装着され、タフでワイルドなデザインです。

 また、リアのテールライトもブーメラン型とし、シーケンシャルリアターンインジケーターと組み合わされています。

 内装もプレミアムなデザインで、シートはダイヤモンドステッチのキルティングレザーシートとし、手縫いのハンドルとともに豪華さを演出。Apple CarPlayとAndroid Autoを搭載したデュアルディスプレイが組み込まれました。

 パワートレインは、4リッターV型6気筒ガソリンエンジン(最高出力275馬力)と5.6リッターV型8気筒ガソリンエンジン(最高出力400馬力)を設定しています。

 オールモード4×4システムは、モードを切り替えることで、オンロードでもオフロードでもさまざまな状況に対応できます。

 安全面では先進安全装備のインテリジェントモビリティテクノロジーに加えて、新型パトロールには、歩行者検知と前方衝突警告システムを備えた衝突被害軽減ブレーキなどが装備されました。

【画像】ランクルより巨大! ガチ四駆の日産「パトロール」がスゴすぎる!(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント