スバル新型「アウトバック」は雪道の安心感がハンパない! 走りも機能も超充実! ロングドライブでわかったGT性能

スバルのクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」がフルモデルチェンジしました。その雪上性能を試すべく、豪雪地帯として知られる山形県の月山へロングドライブを実施。新型アウトバックの実力を1000km超の行程で体感してみました。

1000km走っても疲れ知らず! 新型アウトバックなら「まだ走れる!」

 スバル「レガシィ アウトバック(以下アウトバック)」といえば、ウインタースポーツを楽しむユーザーからも根強く支持されるクロスオーバーSUVです。

ウインタースポーツ愛好家から熱い支持を受けるスバル「レガシィ アウトバック」
ウインタースポーツ愛好家から熱い支持を受けるスバル「レガシィ アウトバック」

 そんなアウトバックの最新モデル(6代目)は2021年秋に登場。そして今回、フルモデルチェンジして初めてのウインターシーズンを迎えたことから、新型アウトバックの実力を探るべく、スバル4WD(AWD)の聖地といえる山形県の月山まで雪道を含めたロングドライブに出かけてみました。

 なぜ月山がスバル4WDの聖地かというと、そこは同社(当時は富士重工業)が4WDモデルを展開し始めた1970年代に雪道テストをおこなっていた場所だからです。

 新型アウトバックの魅力は、出発前から感じることができました。それはウインタースポーツやキャンプなど荷物が増えがちなレジャーに適した広いラゲッジルームです。

 テールゲートを開けた瞬間に目に飛び込んでくるラゲッジルームは、驚くほど床面積が広く、見るからに積載量が多いことが理解できます(後席使用時の荷室フロア長1086mm×ホイールハウス間の横幅1100mm)。

 新型アウトバックのラゲッジルーム床上の荷室容量は522Lで、「フォレスター」(同520L)や「レヴォーグ」(同492L)よりも広く確保。

 数値上の容量はフォレスターと僅差ですが、新型アウトバックは床面積(奥行きで178mmも上回る)が圧倒的に広いことで、実質的な積載能力は上回ります。

 ちなみに床下収納部(サブトランク)まで含めた荷室容量は新型アウトバックもレヴォーグも561Lで共通ですが、これは床下の広さが新型アウトバックの39Lに対してレヴォーグは69Lとひと回り大きいからです。

 東京から月山までは400キロ以上の高速道路巡行となりますが、新型アウトバックを走らせて感じたのは疲れにくいことです。

 長い移動距離にもかかわらず拍子抜けするほど疲労が少なく、目的地に着いても「まだまだ走れる」という余力がたっぷり残っていました。

 その大きな理由が、スバルが誇る先進安全運転支援システム「アイサイト」および「アイサイトX」に組み込まれるACC機能と車線中央維持制御、そして車線変更支援機能です。

 このところ採用車種が広がっているACC機能は、高速道路走行時に前を走るクルマに一定の車間距離を空けながら追従し、ドライバーがアクセルを操作することなく車速を自動制御するもの。

 しかしその制御の滑らかさはメーカーや車種によって異なり、なかには減速時や前方へ車線変更するクルマが入ったときにギクシャクするものもあります。

 新世代アイサイトを搭載した新型アウトバックは、まるで上手なドライバーが運転しているかのようにスムーズな加減速を実現。

さらに車線の中央を走るようにハンドル操作をアシストする車線中央維持制御の自然なアシスト感と合わせ、高速道路巡行でのドライバーの負担を大きく軽減してくれるのです。

 この機能は「付いている」だけでなく、「違和感なく安心して使える」かどうかがポイントとなりますが、新型アウトバックの制御の滑らかさは現在発売されているクルマのなかでトップレベルといっていいでしょう。

 クルマが適切にサポートしてくれるので、積極的に使う気になり、そして疲労を軽減してくれるのです。

 加えて、まだ採用車種が少ない車線変更支援機能も搭載。高速道路で高度な運転支援をおこなうアイサイトXの機能のひとつですが、ドライバーのウインカー操作をトリガーとして、クルマが自ら車線変更をおこなってくれるものです。

「そのくらい自分でやるから必要ない」と思う人もいるかもしれませんが、実際に使ってみるとこれが何とも便利。

 都市近郊の混雑した高速道路では思い通りに車線変更できないことも少なくありませんが、交通量の少ない高速道路ではクルマ任せの車線変更が自在にでき、想像以上に実用的なのでついつい頼ってしまいます。これも、長い高速巡行での疲労軽減に大いに役立ちます。

 またアイサイトXの先進安全運転機能として、高速道路渋滞時のハンズオフアシストも心強い存在です。

 50km/h以下という条件はありますが、ACCによる車速調整をクルマに任せられるだけでなく、手放し運転の実現でハンドル操作からも開放されるので疲労も、渋滞運転の精神的ダメージも大きく軽減。一度使うと手放せなくなる機能です。

 それらの先進デバイスは、新型アウトバックのロングツーリング性能として大きな魅力となっていることを実感しました。

【画像】深雪でも問題なし! スバル新型「レガシィ アウトバック」ならガンガン行ける!(43枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント