1両3000万円の装甲付きジープ!? 自衛隊の「軽装甲機動車」は他国から羨望の存在だった? 後継モデルはどうなる?

自衛隊にはさまざまなクルマ(車両)が存在します。クルマ好きとしては気になるもののイマイチ分からない自衛隊車両ですが、その特徴はどのようなものなのでしょうか。

持っててよかった装甲付きジープ「軽装甲機動車」とは

 自衛隊のクルマといえば戦車を真っ先に思い浮かべるでしょう。でも実物を見かける機会があまりありません。

 目にする機会が多いのがいわゆるジープ:正式名称「1/2tトラック」です。

 三菱のSUV「パジェロ」の派生型ということもあり、小回りが利き街中や高速道でも普通に走れますし、悪路走破性にも優れます。自衛隊の顔ともいえるクルマです。

陸上自衛隊滝ケ原駐屯地記念行事の訓練展示に登場した軽装甲機動車。天井ハッチに機銃を備えている。(2018年4月8日月刊PANZER編集部撮影/一部加工)
陸上自衛隊滝ケ原駐屯地記念行事の訓練展示に登場した軽装甲機動車。天井ハッチに機銃を備えている。(2018年4月8日月刊PANZER編集部撮影/一部加工)

 その一方で、世界的に自衛隊の顔として知名度が上がってきたのは「軽装甲機動車」です。英語呼称「Light Armoured Vehicle」から、防衛省の略称としては「LAV(ラヴ)」と呼ばれます。

 このクルマは2002(平成14)年から導入が始まりましたが、翌2003(平成15)年からの自衛隊イラク派遣でも使われ、特徴的な角ばった車体に日の丸を付けた姿がニュース映像でも紹介されて有名になりました。プラモデルやラジコンカーにもなっています。

 イラクでは本格的な戦闘は終わっていましたが情勢は不安定でどこから弾が飛んで来るか油断できませんでしたので、防弾力のある軽装甲機動車は隊員に大きな安心感を与えました。

 現地では小回りの利く小型装甲車を持っていなかった他国軍からうらやましがられたというエピソードもあります。

 ジープよりは大きいが戦車や装甲車よりは小さく防御力も限定的で中途半端な装甲車という印象もありましたが、ちょうど導入が始まったタイミングでイラクに派遣されることになり、結果として「持っててよかった」ということになりました。

「軽装甲機動車」とは文字通り軽便で機動性に優れた装甲車ということです。

 いうなれば装甲付きジープです。でも先に紹介した「1/2tトラック」に装甲板を付けたというわけではなく、まったくの別物です。

 1994(平成6)年から小松製作所が開発を手掛けましたが、それまで自衛隊には装軌(いわゆるキャタピラ)の「73式装甲車」や、8輪の装輪(タイヤ)の「96式装輪装甲車」という比較的大型の装甲車がありました。

 しかし数は十分ではなく、ほとんどの隊員の移動手段が防御力のないトラックしかないという状態でした。

 そこで小回りが利き、ある程度の防御力を持ち、できるだけ安価な装甲車が求められたのです。

 軽装甲機動車はそれまでの装甲車と作戦での使い方が違います。

 73式で8名、96式で12名の隊員が乗車して、1両で1個小銃班という単位で運用されました。

 しかし軽装甲機動車は小型ですので定員は4名です。1個小銃班が2、3両に分散して乗車することになりますが、却って小回りが利き、輸送機やヘリコプターで空輸もできるので機動性と柔軟性のある運用ができるようにもなります。

 また生まれ育ちもユニークです。自衛隊のほとんどの戦車や装甲車には、制式化された年度に合せて「○○式」という名前が付きます。

 例えば2010(平成22)年度に制式化された戦車は「10(ヒトマル)式戦車」という具合です。

 軽装甲機動車は2002(平成14)年導入ですから「02式装甲車」と呼ばれても良さそうです。

 行政手続の話になりますが、制式化されると仕様が細かく指定され使うパーツも規定されます。

 軽装甲機動車はコスト削減を徹底するため民生品を多く使っていますが、民生品はモデルチェンジの周期も早く、いちいち規定を改定するのが追いつきません。

 そこで制式化ではなく「部隊使用承認」という方法で採用されたので、「02式」とは呼ばれません。

 そのため、外見は同じでも、製造された時期によって内部のパーツ類は異なっています。

【画像】その迫力は本物!? 軽装甲機動車の本気がスゴイ! 世界で活躍する様子を実際の写真で見る!(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 消耗品のパーツも含め高価になるし外車は絶対にやめたほうがいい。特に韓国車なんて候補に上がった日には欠陥品で使い物にならない。普通に川崎重工でいいでしょ。三菱はリコール隠しや偽装で信用ゼロ。

  2. そうか、別の制服公務員受ける為に後期で辞めたけど、後期が空挺だから導入直後に見たんだよね…(因みに空挺は89式じゃないと絶対部品なくしそうだから受けた)
    空挺受けた理由の89も、これも変わる…時代だなぁ…
    しかしその後の別の公務員も辞めたんだけど、自衛隊も前の所も、何でもっと古い奴が残っとんねん&いや、古くてもグリースガンは捨てなくてエエねん。何でそう逆な方向に装備を…

  3. ジープじゃない。
    軍用四輪駆動車が全部ジープだと思ったら大間違い。