シトロエン「ベルランゴ」の3列7人乗りロングボディ仕様「XL」が日本市場に導入決定! 上陸はいつ?

シトロエンの躍進を支える人気のMPV「ベルランゴ」。欧州では以前からロングボディバージョンが存在していましたが、2022年中に日本導入されることが決定しました。

シトロエン人気を支える大ヒットモデル

 FCAジャパンとグループPSAジャパンが事業を統合、新たに登場したステランティスジャパンは2022年3月1日、設立発表となる記者会見を開きました。

 その際「シトロエン」ブランドの人気MPV「ベルランゴ」に3列シート7人乗りロングボディバージョン「ベルランゴXL」を追加、2022年中に日本市場に導入することが発表されました。

日本導入が決まった3列7人乗り仕様シトロエン「ベルランゴXL」
日本導入が決まった3列7人乗り仕様シトロエン「ベルランゴXL」

 ベルランゴは初代が1996年7月に発売されたMPVで、いまでは欧州MPVの代表格となったルノー「カングー」よりも早く誕生しています。
 
 現行型モデルは2018年にジュネーブモーターショーで世界初公開された3代目モデルです。プジョー「リフター」や欧州市場で展開されるオペル「コンボ」、トヨタ「プロエースシティ」と兄弟車という関係になります。

 日本では2019年10月にデビューを果たし、2度にわたるオンライン予約が5時間半で満枠となった人気モデルです。2020年8月には正式デビュー、カタログモデルが登場しました。

 全長4405mm×全幅1850mm×全高1850mm、ホイールベースは2785mmというボディサイズで、Cセグメントの大きさながら広大な室内が特徴です。荷室も5名乗車時で597リッター、2列目シートを倒すと最大2126リッターになります。

 搭載されるエンジンは130馬力・300Nmを発生する1.5リッターディーゼルターボで、8速ATのEAT8を組み合わせるFFモデルです。JC08モード燃費も21.2km/L、WLTCモードで18.0km/Lという省燃費ぶりも発揮します。

 シトロエンは、2021年の新規登録台数が5894台と前年比117.2%となりましたが、その好調ぶりを支えたのがこのベルランゴといえます。これまでシトロエンのブランドを知らなかったというユーザーが、ベルランゴという存在を知り、はじめてシトロエンの店舗に来場するという傾向が強くあるといいます。

【画像】待ち遠しい! シトロエンの3列7人乗りミニバン「ベルランゴXL」を画像でチェック(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー