まもなく登場!? ホンダ新型「ヴェゼル モデューロX」ってどんな乗り味? 雪道でプロトタイプに乗ってみた

2022年の「東京オートサロン2022」でコンセプトカーが出展され、注目を集めたのがホンダ「ヴェゼル モデューロX」です。発売時期は2022年内ということでまだ未発売ですが、ホンダの雪上試乗会というイベントでプロトタイプを運転することができました。その乗り味はどうだったのでしょうか。

圧雪路は「とても乗りやすい!」

 2022年1月に開催された「東京オートサロン2022」でコンセプトモデルが公開されたホンダ「ヴェゼル モデューロX」。新型ヴェゼルをベースに、ホンダアクセス社が開発を担うカスタマイズモデルです。

雪道でのホンダ新型「ヴェゼル モデューロX」の走り。プロトタイプのためカモフラージュされていた
雪道でのホンダ新型「ヴェゼル モデューロX」の走り。プロトタイプのためカモフラージュされていた

 同社はホンダ車の純正アクセサリーを担当するホンダの関連会社ですが、「モデューロX」は純正コンプリートカーとしてメーカーの製造ラインで手を加えたカスタマイズ仕様の完成車として販売。トヨタの「GRスポーツ」や日産の「NISMOロードカー」などと同じくカスタマイズカーながら通常のカタログモデルと同様にディーラーで購入でき、購入時のローンや保証なども標準車と同様なので心配いりません。

 これまでモデューロXは、「N-BOX」や「ステップワゴン」「フィット」「S660」そして先代「ヴェゼル」など7車種で展開。そして次に登場するのが新型ヴェゼルというわけです。

 新型ヴェゼル モデューロXの発売はまだ先ですが、早くもそのプロトタイプに雪上で試乗することができました。まだ開発中なのでプロトタイプは市販確定の仕様ではありませんが、ほぼ最終仕様とのことです。

 まずうれしいニュースは、先代同様に4WDが用意されていることでした。

 先代のヴェゼル モデューロXは モデューロXとしてはじめて4WDが用意され、降雪地のユーザーに喜ばれました。新型でも引き続きFFに加えて4WDが展開され、今回の試乗車も4WDです。

 標準車に対するカスタマイズメニューのポイントは、エアロパーツとサスペンション。前者は“実効空力”として風を味方につけ、車体の浮き上がりを抑えるとともにタイヤにかかる荷重を揃えてハンドリングを高める効果が自慢です。

 後者はスポーティな仕立てとしていますが、サーキット走行のような限界領域の速さを目指すのではなく、街乗りも考えたしなやかな味付けとしています。

 そんな新型ヴェゼル モデューロXのプロトタイプで雪道を走ってみました。

 なんといっても印象的なのは、とても乗りやすいこと。試乗コースは基本的に圧雪路で滑りやすく凹凸のある路面ですが、場所により凍っていたり、また逆にコーナーでわずかにアスファルトが露出している場所もあるなどリアルワールドに近い状況でした。路面の滑りやすさが一定ではない、ややこしいコンディションです。

 しかしながらヴェゼル モデューロXはハンドルがとられにくく、旋回中のハンドル修正も少ない印象。だからとても運転しやすいのです。

 じつは、足まわりを硬くすると、雪道など滑りやすい路面では接地性が低くなり挙動が乱れがち。でも、荒れた路面でもしなやかに走れることを目指したモデューロXのサスペンションは外乱に強く、雪道とのマッチングがいいことを実感しました。

【画像】発売が待ち遠しい! ホンダ新型「ヴェゼル モデューロX」を画像で見る(37枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 4WDも設定してくれてありがとう!