レクサスが新型スポーツカーの姿を追加公開! 最高峰LFAの後継となる次世代流麗モデルとは

レクサスの欧州法人が、新型「エレクトリファイドスポーツ」の新画像を公開。どのようなクルマの開発が進んでいるのでしょうか。

新型BEV「エレクトリファイドスポーツ」とは

 レクサスの欧州法人は2022年2月14日、開発を進めている新型「エレクトリファイドスポーツ」の新しい画像を現地で公開しました。

レクサスの新型「エレクトリファイドスポーツ」
レクサスの新型「エレクトリファイドスポーツ」

 このモデルは2021年12月14日、トヨタ社長の豊田章男氏によるバッテリーEV(BEV)戦略に関する説明会で初めて公開されたクルマのうちの1つです。

 トヨタは2030年までの世界各国におけるZEVの販売目標として、年間350万台を目指すとしています。

 レクサスブランドについては、2030年までに全カテゴリーでBEVをフルラインナップし、欧州、北米、中国でBEV100%、グローバルで100万台の販売を目指すと宣言。さらに2035年にはグローバルでBEV100%を達成する目標を掲げています。

 その上で豊田社長は、「『LFA』の開発を通じて作り込んだ走りの味、いわば“レクサス秘伝のたれ”。それを継承する次世代のスポーツカーをBEVで開発いたします」と、スポーツカーの登場も明言しました。

 LFAは2010年から2012年の間で500台のみ生産されたスーパースポーツで、レクサスの最高峰モデルとされています。

 新型エレクトリファイドスポーツは、この流れを受け継ぐモデルとして開発が進められており、公開された画像や映像では道路を颯爽と走る姿が確認できます。

 外観は、ロングノーズに切れ長のヘッドライトや大きめのグリルが特徴的です。

 さらにシルバーとブラックで引き締まったボディには、赤い牽引フックとブレーキキャリパーが目立ち、ボンネットにはダクトと見られるくぼみが2つと、ボンネットピンのようなものも確認でき、スポーツカーらしいスタイルをしています。

 0-100km/h加速は2秒台前半、充電1回あたりの航続距離は全固体電池の採用を視野に入れ700kmを超える予定としています。

レクサス・LFA のカタログ情報を見る

【画像】音速か! LFAを継承する新型「エレクトリファイドスポーツ」がめちゃカッコいい! 50台のみの激レア「LFA」も存在!(44枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. レクサスも終わったな。道間違えちゃったね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー