新型軽EV&新型SUVがデビュー間近!? 電動化加速する三菱が決算資料で示した今後のラインナップとは

三菱が2021年度第3四半期の決算を発表しました。報告書は実績や業績見通しなどとともに、今後の電動車のラインナップ拡充についても触れられています。どのような内容なのでしょうか。

軽乗用EVや新型「エアトレック」などを計画

 2022年1月31日、三菱が2021年度第3四半期(2021年4月から12月まで)の決算を発表しました。

三菱「K-EVコンセプト Xスタイル」
三菱「K-EVコンセプト Xスタイル」

 2021年度第3四半期の売上高は前年同期の9528億円から4633億円増の1兆4161億円、営業利益は前年同期のマイナス867億円から1426億円増の559億円(営業利益率3.9%)、当期純利益は前年同期のマイナス2440億円から2887億円増の447億円となりました。

 販売台数は、前年同期の56万9千台から11万8千台増えて68万7千台です。

 前年同期と台数を比べると、中国や欧州などで減ったものの、アセアン、豪州・ニュージーランド、北米、中南米、中東・アフリカなどの地域で30%以上伸び、グローバルではプラス21%という結果となりました。ちなみに日本はプラス6千台(プラス14%)です。

※ ※ ※

 今回の決算報告書では、最近の電動車に関する動きとともに、数年先のラインナップ拡充についても触れられています。

 最近の動きでは、新型「アウトランダーPHEV」が、日本で想定以上の立ち上がりを見せ、先行注文受付を始めた2021年10月28日から2022年1月20日までに9千台を受注したとのこと。

 また、東南アジア市場向けのミニバンとなる新型「エクスパンダ―」は、インドネシアで2021年11月から12月末にかけて1万台を受注したということです。

 今後に目を向けると、乗用EVは軽自動車の新型と、SUVの新型「エアトレック」の発売が計画されています。

 新型軽EVについては、2022年1月に開催されたカスタムカー見本市「東京オートサロン2022」でコンセプトカー「K-EVコンセプト Xスタイル」が世界初披露されました。

 取り回しがよく運転しやすいという軽自動車の魅力と、滑らかで力強い加速と静かで上質な乗り心地というEVの魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた、環境に配慮した新世代の軽EVといいます。

 アクティブなSUVテイストのスタイリングに、マットブルーのボディ色とルーフ色の2トーンカラーを組み合わせ、フロントバンパー、ボディサイド、リアゲートにはXのロゴがあしらわれています。

 このXは、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴しているということです。

 このコンセプトカーを基にした新型軽EVは、2022年度初頭の発売予定です。

 もうひとつ紹介されている新型「エアトレック」は、中国で販売されるSUVタイプのEVです。

 2021年11月、中国の「広州モーターショー2021」で、三菱の同国における生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車有限公司(広汽三菱)が、新型エアトレックを世界初公開しました。

 コンセプトは、Electric(EVの電気)、Expanding(カーライフの拡張)、Expressive(三菱らしさの表現)という3つのキーワードからなる「“e”-cruising SUV」といい、これを基にデザイン。

 フロントフェイスの「ダイナミックシールド」やテールゲートの六角形モチーフに代表される一貫した三菱のデザインアイデンティティを取り入れ、機動力があり安定性が高い三菱自動車らしい走りを表現するスタイリングを実現しています。

 EVコンポーネントとしては、70kWhの大容量の駆動用バッテリーを搭載し、1充電あたりの航続距離は最大約520km(中国CLTC基準)を実現しています。

 このほか軽商用EVとして、「ミニキャブ・ミーブ」が2022年秋頃に再発売される予定です。

 ミニキャブ・ミーブは2011年12月8日に発売されたEVバンで、駆動用バッテリー容量10.5kWhのモデルと16.0kWhのモデルを設定。

 バン仕様に続きトラック仕様も登場しましたが、トラックは2017年に販売終了、バンも2021年に生産休止(一般販売休止)の状態となっていました。

 三菱は「足もとの法人需要を捉えながら脱炭素社会の実現に貢献」していくとしています。

【画像】東京オートサロンで世界初披露! 三菱「K-EVコンセプト Xスタイル」を画像でチェック(27枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント