トヨタ「ハイエース」の弟分にEV追加! 新型小型商用車「プロエースシティ エレクトリック」スペインで発売

トヨタが欧州で販売する小型商用車「プロエースシティ」にEVが追加され、スペインで販売されました。新型「プロエースシティ エレクトリック」とは、どのようなモデルなのでしょうか。

欧州の“小型ハイエース”「プロエースシティ」にEVモデル設定!

 トヨタのスペイン法人は、小型商用車の電気自動車「プロエースシティ エレクトリック」を2022年1月20日に発売しました。

 欧州では、日本のトヨタ「ハイエース」にあたる商用バンとして「プロエース」を販売していますが、「プロエースシティ」はさらに小型のボディが特徴です。

ハイエースより小型の商用車 トヨタ新型「プロエースシティ エレクトリック」(スペイン仕様)
ハイエースより小型の商用車 トヨタ新型「プロエースシティ エレクトリック」(スペイン仕様)

 新型プロエースシティ エレクトリックは、プロエースシティ2022年モデルに追加されたEVのメインモデルで、さまざまな改良が施されています。

 新型プロエースシティ エレクトリックは、100kW(136ps)の電気モーターと50kWhリチウムイオンバッテリーを搭載し、最大トルク260Nmを発揮。WLTPサイクルでの航続距離は280kmです。

 充電時間は、急速充電では50分、壁掛け充電器では5時間から7.5時間で満充電が可能です。

 インテリアはEV専用となり、EV消費量やバッテリー使用率、推定航続距離などの情報を表示する専用メーターを装備。また、シフトレバーが存在せず、「P/R/N/D/B」の操作ポジションとパワー、ノーマル、エコの走行モードを表示するeトグルセレクターが搭載される点が、ガソリンモデルと異なります。

 新型プロエースシティ エレクトリックの積載量は、ほかのプロエースシティと同様に3.3平方メートルから4.3平方メートルを確保。750kg(L2ロングボディ)または800kg(L1ミディアムボディ)を積載可能です。牽引能力は750kgを達成しました。

 新型プロエースシティ エレクトリックは、ビジネスユース向けにミディアムとロングのふたつのボディサイズに加え、「バン」と「コンビ」の2つの設定を用意。個人ユース向けにミディアムとロングのふたつのボディサイズと「ファミリー」の設定を用意しています。

 また、ボディサイズやグレードによって、2席から7席のシート設定があります。

 新型プロエースシティ エレクトリックのスペインでの価格は、ビジネス向けの商用車用が2万5155ユーロ(約323万円)から、個人ユース向けのグレードが3万9000ユーロ(約502万円)からです。

※ ※ ※

 新型プロエースシティ エレクトリックの発売のほか、プロエースシティに新機能が搭載されました。

 コンビとファミリーの両グレードは、130psの1.2リッターガソリンエンジンに代わり、8速ATと組み合わせた130psの1.5ディーゼルエンジンが新たに搭載されます。

 新型プロエースシティ エレクトリックと同様に、ミディアムとロング(L2)の2種類のボディと、ビジネスユーザー向けのバン、コンビ、プライベートユーザー向けの「バーソファミリー」の3種類を設定。

 エンジンは、プロエースシティバーソに搭載される110psの1.2リッターガソリンを除き、すべて1.5リッターディーゼル(110psまたは130ps)となります。

 プロエースシティの価格は、ビジネス向けの商用車が1万4203ユーロ(約182万円)から、個人ユース向けのグレードが2万3600ユーロ(約303万円)です。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】こんなオシャレな商用車ってアリ!? スタイリッシュなトヨタ新型「プロエースシティ エレクトリック」(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント