強烈「マスク顔」に進化!? トヨタ新型「ヴォクシー」はオラ顔極めてまるでエイリアン!? 「私は好き」の声も ユーザーはどう思った?

トヨタから新型ミニバン「ヴォクシー」が発売されました。ユーザーからはどういった反応が見られているでしょうか。

トヨタ新型ミニバン「ヴォクシー」が登場! ユーザーの反応は?

 トヨタは新型ミニバン「ヴォクシー」を2022年1月13日に発売しました。

 新型ヴォクシーについて、ユーザーはどういった印象を持ったのでしょうか。

トヨタ新型ミニバン「ヴォクシー」が登場!ユーザーからはどういう反応が?
トヨタ新型ミニバン「ヴォクシー」が登場!ユーザーからはどういう反応が?

 初代ヴォクシーは2001年に登場。トヨタのミニバンラインナップのなかでも人気の高いモデルのひとつです。

 今回登場した4代目の新型ヴォクシーは、「先鋭・独創」をキーワードに、特徴をより際立たせた個性的な世界観がデザインされています。

 特にエクステリアデザインは従来モデルから全面刷新されており、フロントはラウンディッシュな薄型アッパー部と、分厚くスクエアなロア部の組み合わせによって、コントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現。

 怪しく光る特徴的なフロント/リアランプも装着されており、夜でも存在感が強調されています。

 また、プラットフォームにTNGAプラットフォーム(GA-C)が採用したことで、左右のCピラー間距離1295mm(従来型比プラス75mm)を実現。室内高1495mmとあいまって開放感ある空間を創出しています。

 パワースライドドア装着車には、「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定。ドア下部からステップを展開・格納し、ステップ高を200mmとすることで乗降性を提供しています。

 先進技術には、並列駐車時の支援を拡大する「アドバンストパーク(リモート機能付)」が装備され、車外からでもスマートフォンを操作することで、駐車や出庫が可能なリモート機能となっています。

 デザインや室内空間に加え、トヨタのさまざまな先進技術が搭載された新型ヴォクシーですが、ユーザーからはどういった反応が見られているのでしょうか。

 反応として一番多かったのはエクステリアデザインで、特にフロントフェイスは大きなインパクトがあることから、SNSではさまざまな意見が寄せられています。

「オラオラ顔すぎる!」「攻めすぎだな〜」といった声や、「ついにクルマにまでマスクを?」「カバのように開いた口だ」「グリルが完全にエイリアンだろ」といったきつい印象を持ったユーザーの声も多く見られています。

 一方で、「個人的には好き」「見慣れてくると良いかも」といった好印象なイメージを持つユーザーもいて、デザインは人によって好き嫌いが大きく分かれるといえます。

 なかには、「グリルがBMWに似てない?」「三菱のデリカD:5に似てる気がする」「リアは完全にアルファードだなー」など、他車種に似ているという声もありました。

 また暗闇で光るフロント/リアランプは、「ライトの光り方かっこいい」「ライト雰囲気ある」など、好印象の声が多く見られています。

 機能面では、乗降性の向上が図られたユニバーサルステップについて、「良さそう」「気になる」「便利そう!素晴らしい」といった声や、先進技術のアドバンストパークについて、「狭い駐車場の時便利そう!」「便利だな」といった声も見られました。

※ ※ ※

 新型ヴォクシーの車両価格(消費税込)は、2リッターガソリン+CVTが309万円(S-G、2WD)から358万8000円(S-Z、4WD)、ハイブリッドが344万円(S-G、2WD)から396万円(S-Z、E-Four)となっています。

 価格についてもユーザーからは多数の声が寄せられており、「見積もったら500万近くした!高すぎ」「ヴォクシー買うならもう少し頑張ってアルファード買うなー」「一番安くても309万か…」など、ミニバンのなかではやや高価に感じたという人もいるようです。

 一方で、2021年の登録車年間販売台数ランキングでは9位を獲得しているなど、ヴォクシーは人気を維持し続けています。

 このため、新型モデルでも人気を維持し続けると予想する声も多く見られており、「なんだかんだ近々ヴォクシーいっぱい走ってそう」「同時期に出たステップワゴンより売れそう」「結局選ぶ人多いでしょ」といった声があります。

 今後の売れ行きがどうなっていくのか注目といえます。

トヨタ ヴォクシー
トヨタ ヴォクシー
  • 新車販売価格:309.0~396.0万円
ボディタイプ
ミニバン
販売年月
2022年1月~生産中

【画像】グリル大きすぎて食べられそう! エイリアンデザインな新型「ヴォクシー」!? 画像でチェックする(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. フロントマスクの割には、情けないsideビューとリアビュー、、品のなさが…日本車のデザインの稚拙さが感じてしまいます…。
    そして、ふんずりかえって乗っている人見るととても不思議な気持ちに…さがります。。

  2. エンブレムの配置がダサくてマヌケに見える

  3. ステップワゴンのデザインの良さが改めて実感出来るね。

  4. ノアに流れるように仕向けてるね。
    これでヴォクシー行くなら頭が逝かれてるとしか。

  5. まぁ、これは問題外としても、ノアはシンプルに持っていくかと思ってたら・・アルファード買いたいけど買えない奴が乗る車感が凄いですね。
    ステップワゴンのデザインの良さが光る形になった?かな。
    さて、セレナはどんな感じになるのか楽しみ^ ^

  6. ある意味ヴォクシーはハズレな方のデザインでしょうが、
    それが好きな連中も一定数いるし、
    トヨタとしては販売車種統合してる差中ではあるが、
    あえて残したのはノア単独にせずヴォクシー残したのは
    デザイン不評で販売振るわなかった場合に備え
    イメージ違いのモデルを安全策として出しておく方が無難だという事でしょうし、
    それで別の趣向もつ購買層に刺されば儲けものだから、
    軽ハイトワゴンが、顔違いのカスタム系を出すのと同じ役割ですね。