日産 新型「フェアレディZ」日本初公開! 14年ぶり全面刷新で価格は696万円 限定車が6月下旬発売へ

日産は、新型「フェアレディZ」(日本仕様)を2022年1月14日に初公開しました。日本市場では14年ぶりのフルモデルチェンジとなりますが、どのような仕様で導入されるのでしょうか。

新型「フェアレディZ」を東京オートサロン2022で初公開

 日産は、日本仕様の新型「フェアレディZ」を2022年1月14日に東京オートサロン2022で初公開しました。

 日本市場では14年ぶりのフルモデルチェンジとなりますが、新型フェアレディZはどのような仕様で導入されるのでしょうか。

東京オートサロン2022で初公開された日産 新型「フェアレディZ」(日本仕様)
東京オートサロン2022で初公開された日産 新型「フェアレディZ」(日本仕様)

 日産は、新型フェアレディZの米国仕様(米国名:Z)を2021年8月18日に世界初公開。

 この時、「日本仕様である『フェアレディZ』は、今冬の発表を予定しています」とアナウンスしており、日本市場への導入に期待が高まっていました。

 日産の内田誠社長は、新型「フェアレディZ」について「フェアレディZファンとして、今日ついにこの新型フェアレディZをお披露目できるということを、本当に嬉しく思います」とコメントしています。

 新型フェアレディZは、最高出力405馬力・最大トルク475Nmを発揮する3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTと9速ATのいずれかが組み合わされます。

 日本市場では、まず240台限定の特別車「Proto Spec」が導入されます。

 2020年に公開されたプロトタイプの新型フェアレディZから着想を得たモデルで、イカヅチイエローとスーパーブラックの2トーンのボディカラーや、チタニウムゴールド(専用カラー)のレイズ製19インチアルミ鍛造ホイール、4輪アルミキャリパー対抗ピストンブレーキ(イエロー)を採用。

 内装には本革・スエード調ファブリックコンビシート(イエローストライプ、イエローステッチ、イエローアクセントライン)を採用すると共に、インストパネルやMTシフトノブブーツなどに専用カラーステッチを施しました。

 特別車「Proto Spec」の価格は696万6300円(消費税込)で、発売時期は2022年6月下旬を予定しています。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】日産 新型「フェアレディZ」日本初公開! 6月発売へ 実車を画像で見る(199枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. 値段が200万以上高いんじゃないの?
    奇特な人以外わざわざ買う人がいるのかね?

    • まぁ、軽やミニバンにわけのわからない金額払う奇特な人もたくさん居るし大丈夫でしょw

  2. フードオーナメントはニッサンマークではなくやっぱりZの方が良いですね。肝心の日本限定車の画像が無く第一報として早く届けられたのは良いが同じ様な画像が多くて残念でした。

  3. 696万円に値上がりしたと悲観してる意見が一部あるけど
    情報から察してスタート価格が696万円以上ってわけじゃなく
    「"240台限定の特別車Proto Spe"が696万円」であって
    通常仕様は500万円切るぐらいには抑えてくれるんじゃないかと思う

  4. 軽く1000万以上のプレミアが付くだろうなぁ。欲しいなぁ~

    • 高いよー
      最近のスポーツカーは高い!
      買えないよ
      若い子は可哀想
      86一択だな

  5. フルモデルチェンジじゃなくて、ビッグマイナーチェンジじゃなかったっけ?

  6. 高いよー
    最近のスポーツカーは高い!
    買えないよ
    若い子は可哀想
    86一択だな

  7. 30年以上日産車一筋です。いつかはフェアレディZに乗りたいと考えてましたが、新型があまりに安っぽいブサイクなデザインで心を痛めてます。日産の重役陣はこれでも売れると承認したのでしょうか、下の者は誰も重役陣のご乱心を諌めなかったのでしょうか?思い切った若者でも買える値付けで日産を立て直す起爆剤にするのかと期待してたのに残念です。全く売れずに3年以内にフェアレディZの名前は消えるでしょう。

  8. 車両形式は先代と変わらないとの話もあるから
    基礎的な部分は先代と変わらない訳で
    過去の栄光にすがったスキンチェンジでしかないとも言える
    まあスポーツカーとしては先代の良い所は継承して熟成された方が良いとも言えなくもないけど、
    日産の今の台所事情からすればただの寄せ集めたリフォームデザインに過ぎないかも?
    ちゃんと顧客を納得させるだけの出来に仕上がってるだろうか?
    かつて憧れたというオジサンファンに向けたトリビュートモデルで終わらない事を祈るばかりである。

  9. Z33が出たときに消えゆくS15のレンジもカバーする車種として300万円台前半からのグレードも用意してあったのを考えるとNAで400万円以下のグレードも用意しないとZカーはおっさんのノスタルジーに訴えるだけの車種となってしまいそう。(既にそうなってるか?)
    これより小さなスポーツモデルを用意できればいいけど、そっちの方が更に期待薄なので…。
    後輪駆動は諦めてメガーヌベースで…いや、ベースモデルが既に400万円超えてるからな…。