なぜスバルは「インプレッサ」に最新技術を初搭載する? 30周年のロングセラー車が果たす役割とは

初代モデルが1992年に登場したスバル「インプレッサ」は、2022年に30周年を迎えます。主力車種のインプレッサとは、スバルにとってどのようなクルマなのでしょうか。

2022年に誕生30周年を迎えるインプレッサ

 スバル車は、とくにクルマ好きの間で人気が高いです。その背景には、スバルならではの個性的なクルマ造りがあります。

 もともとスバルは技術指向の強いメーカーで、古くから安全性の向上に力を注いできました。

スバルの主力モデル「インプレッサ」
スバルの主力モデル「インプレッサ」

 スバル車は視界が優れているので、車両の周囲に潜む危険を早期に発見しやすいという特徴があり、走行安定性も高く、危険を避ける操作も的確におこなえます。

 そして走行安定性を高めると、ドライバーの操作に対して忠実に走るため運転が愉しく感じられます。さらに、走りの水準も高まり、モータースポーツでも活躍しています。

 このようにスバルは、安全性を最優先させた商品開発をおこなうことで、運転の愉しさを含めて、クルマのさまざまな魅力を高めてきました。

 スバル車の特徴を分かりやすく表現して、人気を高めたクルマとして、1989年に発売された初代「レガシィ」が思い出されます。

 スバルが「レオーネ」の時代から進化させてきた水平対向エンジンと左右対称のAWD(4WD)に、さらに磨きを掛けて、初代レガシィに搭載しました。

 初代レガシィは上質なセダン&ワゴンで、売れ筋の価格帯は150万円以上でした。人気の高かった2リッターエンジンとAWDを搭載した「レガシィツーリングワゴン」は200万円を超えていました。

 そこで1992年に発売されたのが、ボディをひとまわり小さく抑えた初代「インプレッサ」です。1.5リッターエンジンを搭載する「CF」の価格は、5速MT車が112万9000円でした。

 初代インプレッサのボディは、4ドアハードトップセダンと、5ドアスポーツワゴンの2種類。エンジンは1.5リッターのほかに、1.6リッター、1.8リッター、2リッターターボがありました。

 このうち、2リッターターボはセダンの「WRX」に搭載され、今に通じる高性能なAWDスポーツセダンに仕立てられていました。最高出力は240馬力で、30年前の登場ながら、優れた走行性能を発揮したのです。

 2代目インプレッサは2000年に発売されて熟成を図り、3代目は2007年に登場して、プラットフォームから刷新しました。

 3代目の発売当初はハッチバックのみの構成で、高性能グレードの「WRX STI」もハッチバックでした。

 2リッターターボで6速MTのWRX STIに加えて、2010年には2.5リッターターボと5速ATの「WRX STI Aライン」も投入して売れ行きを伸ばしています。

 2010年にはWRX STIの4ドアが復活して、SUVスタイルの初代「インプレッサXV」も加わりました。このように3代目のインプレッサは、バリエーションに広がりを持たせています。

 この後、WRXやXVは、インプレッサから独立した車種として発展していき、インプレッサは2011年に4代目へと進化。ハッチバックの「インプレッサスポーツ」とセダンの「インプレッサG4」がラインナップされます。

 つまりインプレッサは、割安な価格でスバル車の魅力を多くのユーザーに広めながら、新しいスバル車を生み出す役割も果たしました。

 このようにインプレッサは、もっとも馴染みやすいコンパクトな車種であると同時に、スバル車の中心的な存在でもあるのです。

 そして2022年、インプレッサは誕生から30周年を迎えました。

【画像】2代目インプレッサは丸目・涙目・鷹目に変遷! 歴代インプレッサを振り返る(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント