道路に輸送中のブタが落下!? 遭遇したら何すべき? 国交省に対処法を聞いた 覚えておきたい4つの数字とは

足を痛めたブタが国道上でうずくまるという出来事が、2022年1月10日にあったと報じられました。この場合、動けないブタはどのような扱いになるのでしょうか。また、運転中に見かけたらどう対処すべきなのでしょうか。

もしあなたが怪我で動けないブタを見かけたら

 足を痛めたブタが、岡山県の国道で動けなくなるという出来事が2022年1月10日にあったと報じられました。ブタは輸送中にトラックから落ちたと見られ、片側2車線のうち1車線が一時通行止めになったものの、最終的にブタは無事保護されたといいます。

 この場合、動けないブタはどのような扱いになるのでしょうか。また、もしクルマを運転しているときに見かけたら、どのような対応を取るのが望ましいのでしょうか。

動けないブタを道路上で見かけたらどう対処すべき?(画像はイメージです)
動けないブタを道路上で見かけたらどう対処すべき?(画像はイメージです)

 国土交通省 関東地方整備局 道路部に、動けないブタが道路上にいた場合の扱いについて聞いたところ、担当者は「落下物になると思います」と回答しました。

 そのうえで、見かけた場合にユーザーが取るべき対応について聞いたところ、次のようにコメントしました。

「道路緊急ダイヤル『#9910』に連絡をお願いいたします。この番号は全国どこでも使える共通の番号で、かけた場所に近い担当機関につながる仕組みになっています」

 もしも一般道ではなく、高速道路上で見かけた場合はどうなるのでしょうか。

 NEXCO東日本の担当者に聞いたところ、次のようにコメントしました。

「もし高速道路上に動けないブタがいたら、それは落下物です。

 じつは2021年8月に、東北自動車道に迷い込んだイノシシが、側溝に足を挟んで動けなくなるという出来事が東北自動車道でありました。

 このとき一時通行止めにする対応を取りましたが、動けないイノシシは落下物として取り扱いました」

【画像】怖すぎる… 危険な「落とし物」を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント