日本が火を付けたファッションSUV 人気の背景は

近頃、コンパクトなクロスオーバーSUVが世界的にヒット。日本車が開拓したこのカテゴリーはなぜ、多くの人に受け入れられるのでしょうか。

SUVながら4WD設定がないことも

 近年、「SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」が世界中でヒットしています。その人気の中心は「クロスオーバーSUV」と呼ばれる、SUVらしいタフなスタイルやユーティリティを備えながらも、日常での使いやすさを重視したもの。老若男女の幅広い層から選ばれています。

 一昔前は、SUVというとトヨタ「ハイラックスサーフ」や三菱「パジェロ」などの本格的なモデルが定番でしたが、いまはもっとライトで乗用車ライクのクロスオーバーモデルが主流となりました。

 そしてこのところ特に活気があるのが、コンパクトなクロスオーバーSUVです。これらが重視しているのは、SUVらしいオフロード走破性ではなく、街乗りでの乗り心地や使い勝手。ひと言でいえば“ファッションSUV”といえる存在です。近年では、ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-3」、そして日産「ジューク」などがこれにあたります。

 このカテゴリーにはルノー「キャプチャー」やVW「クロスポロ」、フォード「エコスポーツ」など、欧米メーカーも積極的に展開。最新モデルのジープ「レネゲード」やフィアット「500X」などの輸入車に、注目している人も多いことでしょう。

 これらのモデルは基本、前輪駆動がメインで、なかには4WDの設定がないものさえあります。そこにも、“ファッションSUV”というクルマのキャラクターが物語られているといえるでしょう。

 なぜいま、こうしたクルマが人気なのでしょうか。

1 2

この記事の写真一覧

最新記事