VW新型ゴルフに本命登場! ディーゼルモデル「ゴルフTDI」は150馬力の最新エンジン搭載

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年12月22日、同年6月に発売した新型「ゴルフ」シリーズに、新たなパワートレインとしてディーゼルエンジン「TDI」を搭載した新型「ゴルフTDI」を発表、2022年1月7日より発売します。

従来エンジンよりもNOx排出量が最大80%低減

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年12月22日、同年6月に発売した新型「ゴルフ」シリーズに、新たなパワートレインとしてディーゼルエンジン「TDI」を搭載した新型「ゴルフTDI」を発表、2022年1月7日より発売します。

VW新型「ゴルフTDI R−Line」の走り
VW新型「ゴルフTDI R−Line」の走り

 新たに追加されるディーゼルエンジンは、最新技術となる「ツインドージング(デュアルAdBlue噴射)システムを採用、窒素酸化物(NOx)の排出量を抑えつつ、従来よりも最大トルクを強化した最新世代のエンジンです。

 ツインドージングシステムとは、直列に配置したふたつのSCR触媒コンバーターからAdBlueを注入することで、NOxの排出量を大幅に削減。最新の排出ガス浄化システムの採用に加え、各種の最適化を図ったことで、NOxの排出量が先代モデル比で最大80%削減されるといいます。

 TDIエンジンの排気量は1968ccで、最高出力は150馬力/3000−4200rpm、最大トルクは360Nm/1600−2750rpmです。トランスミッションは7速DSG(DCT)で駆動方式はFFです。

 従来のTDIエンジンよりも低い回転数から最大トルク・最高出力を発揮するため、レスポンスが大幅に向上するとともに、燃費はWLTCモードで20.0km/Lを達成します。

 マイルドハイブリッドモデル「eTSI」と同様、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」や、デジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」といった先進装備を、エントリーグレードの「Active Basic」から標準装備とするほか、走行モードの切り替えが可能なドライビングプロファイルやシートヒーターなどの快適装備も全グレード標準としています。

 新型ゴルフTDIにはLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」やヘッドアップディスプレイ、VW純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」といった、通常オプション設定の装備を標準設定とした「Active Advance」というグレードを初設定。その他、上質なトリムや電動パノラマスライディングルーフといったオプションが選択可能な「Style」や、エクステリアをスポーティな仕様にした「R-Line」といった4つのグレードを用意します。

●新型「ゴルフTDI」車両価格(消費税込)

・TDI Active Basic 344万4000円
・TDI Active Advance 398万9000円
・TDI Style 403万8000円
・TDI R-Line 408万8000円

フォルクスワーゲン・ゴルフ のカタログ情報を見る

【画像】本命のディーゼル登場 VW「ゴルフTDI」を画像で見る(16枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー