トヨタが新型「コンパクトクルーザー」などEV全15台を世界初公開! 新型SUV「RZ」に豊田社長「楽しいんだよ、乗ってよ!」 EV祭り状態に

トヨタがEV全15台を世界初公開しました。そのなかで、豊田章男社長がEVに対する熱意を語りましたが、これまでとの心境の変化とはどのようなものなのでしょうか。

「これまでのEVは好きじゃない?」 これからは?

 2021年12月14日、トヨタは「バッテリーEV」に関する発表をおこない、豊田章男社長がEVに対する熱意を語った。

トヨタEV祭り! 未来感あるモデルのなかに伝統の「クルーザー」風モデルも! 今後のトヨタEV勢は楽しそう?
トヨタEV祭り! 未来感あるモデルのなかに伝統の「クルーザー」風モデルも! 今後のトヨタEV勢は楽しそう?

 トヨタの電気自動車祭り、内容は既報通り。

 細かい部分で興味深かった点を紹介してみたい。

 まず最大の「あらま!」が豊田章男社長の電気自動車に対する熱意。章男社長、今回の発表会まで、どちらかというと電気自動車反対派だと思われていた。

 何度か「電気自動車にすれば環境問題が解決するワケではない」というコメントなど出している。

 水素エンジンでレース活動するのも電気自動車推進派に対するアンチテーゼだと思われていた次第。

 このあたりの機微を発表会の質疑時間に同業者の山本シンヤさんが「豊田社長の電気自動車に対する熱意はどうなんですか?」と聞いた。

 ちなみに章男社長の電気自動車感、正確に表現すると「嫌い」というより「あまり感心を持っていない」に近い。

 生前の成瀬さん(トヨタのマスターテストドライバー)から聞いたのだけれど「章男さんにモーターで走るミドシップスポーツカーの試作車に乗って貰ったんですよ。

 そしたら電気自動車ですねといわれました(笑)。まぁその通りだと私も思うんですけどね~」。

 そのクルマ、私も試乗したのだけれど確かに趣味性なく速いだけのクルマでした。

 はたまた2012年5月におこなわれたメディア主催の「メガウェブフェスタ」にモリゾウさんが遊びに来た。

 このイベント、制限速度40km/hという狭い試乗コースでF1やWRカー、モトGP、パイクスピークの化け物車両まで全開で走らせようという今思えば超野蛮な内容。メガウエブの館長が替わった途端、ビビッて出来なくなったほど。

 当時ベストカーの社長だった勝股さんや、交通タイムスの城市さんがモリゾウさんの来場を面白がり、進行役だった私に「責任は俺たちが全部取るから何でも乗ってもらって」。

 やがて初めてハンドル握った86のラリーカーでドーナツターンまで始める暴れぶり。最初トヨタ車だけだったが、日産に頼んだら「どうぞどうぞ!」。

 当時、新鋭バリバリだったリーフRC(リーフのカタチをしたミドシップレーシングカー)のハンドルを握ることに。

 降りた直後に印象を聞いたら「電気自動車ですね~」。

 このイベント、私が進行と一緒に怪しいナレーターをしていたのだけれど、成瀬さんから聞いていた反応と全く同じ。「そうでしょうね~」と少し面白かった。

 という具合で章男社長は電気自動車に興味無かったのは間違いないです。

【画像】ランクル風「クルーザー」&新型スポーツカーまで全15台世界初公開! 今後4年強で登場するトヨタ&レクサスのBEVがこれだ!(62枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント