1番売れてるSUV? トヨタ「ヤリスクロス」人気281万円仕様を購入するには年収いくら必要?

現在、もっとも売れているSUVといっても過言ではないトヨタ「ヤリスクロス」は、幅広い世代から人気を集めています。ヤリスクロスの購入にはいくらの費用がかかるのでしょうか。また、年収いくらであれば購入に手が届くのでしょうか。

1番売れてるSUV「ヤリスクロス」 初期費用はいくら?

 2020年8月31日に発売されたトヨタ「ヤリスクロス」は、「ヤリス」と同じGA-Bプラットフォームを用いたコンパクトSUVです。
 
 発売から1年が経過した現在でもその人気は高く、ホンダ「ヴェゼル」や日産「キックス」など、競合が多いコンパクトSUVのなかでもトップクラスの登録台数を誇ります。

人気SUVのトヨタ「ヤリスクロス」 人気グレード「HYBRID Z」の購入費用にはどのくらいかかる?
人気SUVのトヨタ「ヤリスクロス」 人気グレード「HYBRID Z」の購入費用にはどのくらいかかる?

 SNSでも、直近1か月の間に「ヤリスクロス欲しい」という人が多数見られ、発売から1年経ってもなお人気であることがうかがえます。

 そんな人気モデルのヤリスクロスですが、購入する際にはいくらの費用がかかるのでしょうか。

 1番人気とされている「HYBRID Z(E-Four)」グレードをベースに、トヨタの公式サイトのWEB見積もりを活用して初期費用を算出してみます。

 ヤリスクロスのボディカラーは15色をラインナップ。モノトーンやツートーンが設定されるなど、カラーバリエーションが豊富です。

 今回は、そのなかでも1番人気となっている「ブラックマイカ」を選択します。

 ブラックマイカは追加料金がかからないカラーとなっており、車両本体価格として281万5000円が見積もりのベースとなります。

 ヤリスクロスはエアロパーツのラインナップも豊富ですが、今回はそうした外装パーツは追加せず、必要最低限の内装パーツや機器のみを追加していくこととします。

 トヨタでは、カーナビとETCをオプションで追加することが一般的であるため、まずは「エントリーナビキット(6万9300円)」と「ETC2.0ユニット(3万4100円)」を選択。さらに、販売店で勧められることが多い「フロアマット(1万4300円)」も追加します。

 ヤリスクロスでは、エントリーグレードである「Bパッケージ」以外は、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されているため、今回は追加の安全機能などは追加しません。

 ここまでのオプションを追加した段階で、合計金額は293万2700円で、この金額に税金や保険料、諸費用が加算されます。

 ただ、2021年1月に登録することを想定すると、環境性能に優れたクルマに対して自動車税、自動車重量税が軽減される「エコカー減税」が適用されるため、ヤリスクロスの場合は、税金としては自動車税種別割5000円のみ加算されます。
 
 また、このほかに自賠責保険料として2万7770円、諸費用として6万1050円(保証なし)がかかります。

 これらの費用を前述の車両の価格にプラスすると、ヤリスクロスのHYBRID Zグレードを購入するためには、301万1620円が必要です。

【画像】こんなゴツ顔ヤリクロ見たこと無い! 新型「ヤリスクロス アドベンチャー」が売れそうな予感!(21枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. たいした年収もないヘタレ記者らが、
    片手間で誰でも出来る購入シュミレーションから所要年収予測計算して
    業績上げ年収上げようと車種を変えては量産し書き続ける
    実にくだらないダメ記事
    没にならないのはまともに編集されてないココならではでしょうね。

  2. このくだらないシリーズやめてもらいたい。

  3. このシリーズ見飽きた。 収入の何割を自動車に充てるのかは家庭によって違うはず。
    そして、この記事を読んでもその車が欲しいという気持ちになることが全くなかった。

    維持という点で記事にするならば、例えば「13年・10万キロ走るにはこれだけの整備費用が必要になりそうだ」とか「ヤリスのハイブリッドの故障・交換費用はいくらかかる」という事を調査して欲しい。