全長4.2mで扱いやすいコンパクトSUV!シトロエン新型「C3エアクロスSUV」日本上陸

グループPSAジャパンは2021年11月25日、コンパクトSUV「C3 AIRCROSS SUV(C3エアクロスSUV)」をマイナーチェンジして発売しました。

新しいフロントフェイスを採用した改良新型

 グループPSAジャパンは2021年11月25日、コンパクトSUV「C3 AIRCROSS SUV(C3エアクロスSUV)」をマイナーチェンジして発売しました。

シトロエン新型「C3エアクロスSUV」の走り
シトロエン新型「C3エアクロスSUV」の走り

 C3エアクロスSUVは、2017年末のグローバルローンチ以来、世界で約33万台を発売した人気のBセグメント・コンパクトSUVです。

 日本でも2019年7月に上陸、CセグメントSUV「C5エアクロスSUV」に次ぐシトロエンのSUV第2弾として登場。全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mm、ホイールベース2605mmという日本でも扱いやすいボディサイズで人気の1台となっています。

 今回登場した改良新型C3エアクロスSUVは、フロントフェイスを一新。より主張の強いSUVらしいデザインに変更されました。これは2016年パリモーターショーでデビューしたコンセプトモデル「CXPERIENCE」にインスパイアされ、2021年1月に日本で発売開始した改良新型「C3」で初めて導入された新デザインコードで、今後のシトロエンを象徴するものになり、ユニークなアイデンティティを備えています。

 改良新型C3同様、シトロエンのマーク「ダブルシェブロン」からサイドにV字状に伸びるクロームのラインは、上がデイタイムライトへ、下はLEDヘッドライトへと繋がります。

 リアデザインは、リアクォーター部のブラインド風装飾を変更、ブラックアウトしたルーフレールと相まって、全体としてよりシックな宝庫に変更されました。

 インテリアでは、クラス最高レベルの乗り心地、座り心地を実現する「アドバンストコンフォートシート」を採用しました。これはシート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートのあたり感を改善したシートで、C5エアクロスSUVで初めて採用され、C3にも搭載されています。

 インパネにもシート生地と同じファブリックを貼り込み、温かみのあるインテリアを実現。パーキングブレーキ形状を変更し、2つのカップホルダーを新設しています。

 ボディカラーも新色のカーキグレー、ボルタイックブルー、ルージュペッパーを追加。全5色での展開になります。またアクセントカラーのカラーパックはブラックとホワイトを用意しています。

 グレード構成はSHINE(シャイン)に統一、モノグレードの展開になります。パッケージオプションとして17インチアロイホイール、グリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)、オールシーズンタイヤ、パノラミックサンルーフ、LEDのフロント&リアシーリングランプ、HiFiスピーカーのセットが用意されます。

 車両価格は「C3エアクロスSUV シャイン」が293万5000円(消費税込、以下同)、パッケージオプション装着車「C3エアクロスSUV シャインパッケージ」が318万円となります。

シトロエン・C3エアクロスSUV のカタログ情報を見る

【画像】オラ顔で登場! シトロエン新型「C3エアクロスSUV」を見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント