スズキ新型SUV「エスクロス」発売! ギラ顔に全面刷新&6速MTも選べる! 約380万円から欧州に導入へ

スズキ新型SUV「S-CROSS(エスクロス)」が2021年11月25日にワールドプレミアされました。欧州市場では発売に向けた動きが見られています。

新型「エスクロス」は欧州で発売されました!

 スズキは、2021年11月25日に新型SUV「S-CROSS(エスクロス)」をワールドプレミアし、同年年末から欧州市場での販売を皮切りに中南米、大洋州、アジアへも輸出すると発表しました。
 
 すでに、オランダ、イギリス、イタリアなどでは発売日や価格などが明らかになっています。

これは日本でも売れそうな予感! 世界初公開したスズキ新型SUV「Sクロス」
これは日本でも売れそうな予感! 世界初公開したスズキ新型SUV「Sクロス」

 新型エスクロスは、2013年に登場した「SX4 S-CROSS」を全面改良したモデルです。

 乗用車とSUVを融合させたクロスオーバー車として欧州を中心に好評を得ていました。

 ワールドプレミアされた新型エスクロスについて、SNSでは「かっこいい」「ゴツくていい感じ」といったデザイン面に対する声が見受けられます。

 新型エスクロスのエクステリアデザインは、スズキのSUVの伝統的なスタイリングを表現。

 新型エスクロスは、より大きく角ばったホイールアーチと滑らかなラインで存在感を高め、大胆で筋肉質なデザインを採用しています。

 フロントデザインは、高めのボンネットライン、ピアノブラックのフロントグリル、新デザインの3連LEDポジションヘッドランプを採用し、高い重心を表現。

 リアは、大型化したコンビネーションランプとリアセンターガーニッシュが水平に一体化してワイド感を強調し、ルーフレールと一体化したリアスポイラーを装着しています。

 このような新しいデザインに加えて、インテリアは力強いSUVに合う立体的な造形として、インパネ中央に多機能な9インチの大型HDディスプレイオーディオを採用しました。

 また、SNSでは日本での発売を期待する声も出ており、「ホンダ・ヴェゼルと同じくらいのサイズだから日本でもありかもしれない」「これなら日本でも売れるのでは?」といった投稿を見受けられます。

 現時点で、アジア展開の予定は明かされているものの正式に日本導入のアナウンスはありません。

 一方で、欧州各地では発売に向けた動きが出ており、イタリア、オランダ、イギリスでの動向を見ていきます。

 発表同日から一部グレードの先行オンライン購入が可能なのはイタリアです。

 イタリアでは、オンラインサイト「Suzuki Smart Buy」にて「1.4 Starview AT 4WD ALLGRIP」グレードが3万690ユーロ(約396万円)で販売されています。

 次にオランダでは、2021年12月17日に発売が予定され、「コンフォート」、「セレクト」、「スタイル」の3グレードを展開。価格に関しては発売日が近づいたタイミングで明かされます。

 イギリスでは、2022年1月に発売が予定され、「1.4 Boosterjet Hybrid Motion」が2万4999ポンド(約382万円)、「1.4 Boosterjet Hybrid Ultra ALLGRIP」が2万9799ポンド(約456万円)です。

 なお、それぞれに6速ATが用意されており、オプション(約20万円)となっています。

【画像】新型SUV「Sクロス」日本でもバカ売れの予感!? ギラ顔仕様のデザインがカッコイイ!(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント