超ワイルドなマツダ新型「CX-50」がめっちゃイイ! 北米で人気上昇のゴツい系SUVは日本で需要アリ?

マツダが北米専用のSUVとして新型「CX-50」を発表しました。日本では販売されないモデルですが、日本のユーザーはどのような感想を抱いたのでしょうか。

北米専用SUV マツダ新型「CX-50」がカッコ良すぎた!

 マツダは、北米で販売予定の新型クロスオーバーSUV「CX-50」を2021年11月15日に初公開しました。

 近年のマツダ車のデザインは「魂動デザイン」というエレガントなスタイルを取り入れていますが、新型CX-50はアウトドアを意識した力強いスタイルを採用しています。

 この新型CX-50について、日本のユーザーはどう感じたのでしょうか。SNSでアンケートを実施しました。

北米専用モデルSUV マツダ新型「CX-50」
北米専用モデルSUV マツダ新型「CX-50」

「新型CX-50についてどう思いますか?」という質問では、「とても良い」が83.7%、「まあまあ良い」が14.3%、「まったく良いと思わない」が2.0%と、じつに98%の回答者が高く評価していることがわかりました。

「アウトドア感が増して今までのCXシリーズにない無骨さを感じた」「スタイリッシュにパワフルさが増した印象」「グリルの縁がメッキじゃないのがいい。他社のデザインが周回遅れに見えるくらい、どこのメーカーにも似ていないマツダデザインがいい感じ」などのほかにも、「これまでのマツダSUVとはひと味違う、ワイルドなデザインに一目ぼれした」というコメントもありました。

 オフロードを意識したデザインはもちろん、ルーフに荷物を載せられるルーフラックの装備はパノラマサンルーフを採用するなど、アウトドアアクティビティを楽しむための機能も持ち合わせています。

 エンジンは2.5リッターガソリンと2.5リッターターボを搭載。駆動方式は全車「i-ACTIV-AWD」としました。

 悪路の走破性を考慮して十分な最低地上高を確保するとともに、オンロードの人馬一体の走りはそのままに、さまざまな路面においても高いコントロール性による安心・安全な走りを実現しているといいます。

 次に、「新型CX-50は日本には導入されませんが、もし発売されたら購入したいと思いますか?」という質問では、「購入したい」が71.6%、「購入したいと思わない」が28.4%となり、購入したい人が7割を超えました。

「マツダ車はアウトドアには使いにくいけど、これはいい」「現在CX-5に乗っているがデザインがスマートすぎるのでこんなSUVに乗りたい」など、アウトドアテイストが魅力的という声がある一方、「サイズが大きすぎる」「個人的にはCX-5のほうが好き」「CX-5より価格が高くなりそう」という意見もあり、売れ筋のCX-5と比較する回答者もいました。

 なお、CX-5は2021年12月の大幅改良でデザインが変更されるとともに、アウトドアライフを楽しめる「フィールドジャーニー」という特別仕様車が設定されます。

【画像】黒枠グリルが精悍さ強調! ワイルドすぎるマツダ新型「CX-50」に一目ぼれ!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント